今すぐ使える!フェチな男心をくすぐる脚線美しぐさ4つ

Menjoy / 2012年8月1日 18時0分

曲線美で男を魅了するしぐさについて、シリーズでお伝えしています。

今まで、「たった1秒で超簡単!男性を脚線美で悩殺する方法6つ【前編】【後編】」と「彼がキュンキュン萌えまくる最強の“脚線美しぐさ”5つ」をご紹介しました。

今回は、男心をくすぐる脚線美しぐさです。男性のちょっとフェチな心をつかむためのしぐさを4つご紹介しますね。

 

1:脚を組む

「脚を組むのも、“クロスの法則”の1パターンです。

隣り合って座っているときは、相手から遠い側の脚を相手に近い側の脚の上に乗せるようにして組むとより効果的です。脚を組んだ場合、太ももやふくらはぎに男性の視線が集中しやすくなるため女性の体の曲線美に、より注目を集められます。

ただし、前回ご説明したように、曲線美の基本は綺麗な姿勢です。

脚を組むと背筋を曲げることになるので、姿勢は崩れます。崩れた姿勢を続けていると、それがクセになって姿勢そのものが悪くなりやすいんですね。

それでは本末転倒なので、ポイントを絞って使ってください。姿勢を崩すことによって生まれる曲線美として、お姉さん座り、女の子座りなどが挙げられますがこれらも全てポイント使いに留めておくことです」

これは、足フェチさんや太ももフェチさんに使えそうですね! 骨盤が曲がると健康によくないというのはよく言われることなので、あまり無理な姿勢で長時間いることは避けたほうがよいようですね。

 

2:髪をまとめる

「女性が髪をまとめる仕草は、男性のフェチ心をくすぐるしぐさのひとつです。下ろしている髪を男性の前でまとめるしぐさは、うなじから首筋の曲線美を強調できます。

このときのポイントは、遠慮がちに下を向きながらではなく堂々とやることです。目の前の男性と会話しながらでも構いません。ただし、あまりダラダラとやらずに、手際よく済ませましょう。

特に今の時期は、袖の短い服を着ていることも多いでしょうから脇の下という複雑な曲線美のポイントをチラ見せできる効果もあります。多少勇気が必要かもしれませんが、脇の下見せは非常に効果的なので、ぜひチャレンジを」

脇の下のチラ見せにはかなり勇気がいりそうですね。チラ見せしてもがっかりされないように、やっぱり日ごろのお手入れも怠れませんね!

 

3:脚を持ち上げる

「靴のストラップが外れたので留めたい、靴下やストッキングのズレを直したいけれど座ってできる場所が見当たらない、といった場合に使えます。

立ったまま直すことになりますが、その際の脚の持ち上げ方で曲線美を強調する方法です。

直したいほうの脚をつま先立ちにして、膝を内股に曲げて持ち上げるんです。持ち上げる高さは最低限にしておきましょう。それから、まっすぐ持ち上げたり、ガニ股になったりするのは当然NGです。そうならないために、内股に曲げるよう意識してください」

これはちょっと高度な感じがしませんか? ヒールの形を男性のフェチサイトなどで見かけることがあるのは、爪先立ちのイメージからくるのでしょうか?

 

4:かばんのたすきがけ

「これは女性があまり知らない男性のフェチ心かもしれません。

ショルダーバックなど肩にかけるストラップのあるバッグをたすきがけにするとストラップがバストの谷間を通るので、バストが強調されます。

このシチュエーションに萌える男性は少なくありません。ちなみにバッグをたすきがけにしたときのバストを“パイスラ”と呼ぶネット用語もあります。写真集まで出ています」

“パイスラ”というネット用語はみなさんご存知でしたか? このバストの写真集まで出ているとは驚きです。

 

いかがでしたか? 今回は、“フェチ心をくすぐる”をテーマにしたので、付き合っている彼や、意中の人に合わせて使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

【しぐさシリーズ】

※ 彼がキュンキュン萌えまくる最強の「脚線美しぐさ」5つ

※ たった1秒で超簡単!男性を脚線美で悩殺する方法6つ【前編】

※ たった1秒で超簡単!男性を脚線美で悩殺する方法6つ【後編】

 

【参考】

※ なまえはまだない.・・・10,000件以上の相談経験を持つコンサルタント。プライベートで女性から相談されることも多いため、ブログでの執筆活動をスタートしたところ好評を博す。

モデルや女優の卵たちへの綺麗なポージングなどの指導もしている。 当然ながら、なまえはまだない.はハンドルネーム。 ブログは、女性向けの個人ブログ『愛されるいい女の条件』、Twitterは@namaeha_madanai 。

【写真】

Photo By Veronica Bautista

金子エミ(2009)『女優脚のつくり方 美人開花シリーズ』 ワニブックス出版サービス

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング