密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【2/3】

Menjoy / 2012年7月18日 22時0分

前回の記事では、男が逃げ出す痛いマザコン娘の特徴9個のうち、まずは3つをお届けしました。では、引き続き心理カウンセラー木田真也さんのお話をもとに、3つの特徴を見ていきましょう。

今回は、4:母親への批判や中傷に過剰に反応する、5:何でも母親のまねをしたがる、6:おしゃれをすることに罪悪感を感じる、の3点です。

 

■4:母親への批判や中傷に過剰に反応する

“母親を絶対視している”というのは、男女に共通するマザコンの特徴。ただし、男性の場合、「マザコンは恥ずかしい」「マザコン男だと思われたくない」という見栄があるので、できるだけ母親への執着を隠そうとします。

他方、女性の場合、母子がいくらベタベタしていても、単なる“仲良し親子”と好意的に見られることがほとんどなので、遠慮がありません。

たとえば、母親へのちょっとした批判や中傷を耳にした場合、男性であれば内心ではイラッときたり、傷ついたりしても、その場では平静を装います。(もちろん、重度のマザコン男であれば、感情をおさえきれないこともありますが)

ところが、女性の場合、絶対的な存在である母親への悪口は我慢できません。「そんなことを言うなんて信じられない!」と、まるで自分自身が中傷されたかのように怒りをあらわにすることもしばしばです。

また、聞かれてもいないのに、“母親自慢”もしくは“母親と仲がいい自慢”をするのも、マザコン娘にありがちな特徴といえます。

 

■5:何でも母親のまねをしたがる

マザコン娘にとって、何事においても母親がお手本です。たとえば、洋服やメイク、趣味なども、母親と同じにしたり似せたりしたがります。

男性版マザコンの場合、母親が買ってきた服を愛用しますが、マザコン娘の場合、母親と一緒にショッピングに出かけることも多いです。

その際、母親から「あなたにはこれが似合うわよ」とすすめられたら、本当は別のものが気にいっていたとしても、母親がすすめたほうを選ぶというのもマザコン娘の特徴といえるでしょう。

 

■6:おしゃれをすることに罪悪感を覚える

母親に誘われれば喜々としてショッピングに出かけるのですが、マザコン娘自身はおしゃれに消極的なところがあります。

というのも、老いた母親よりキレイでいてはいけないという心理があるために、おしゃれをすることに罪悪感を覚えてしまうのです。

マザコン娘にとって、母親は絶対的な存在。本当はおしゃれに興味があっても、「自分が母親より女として優れてはならない」と自分をコントロールしてしまいます。

母親同伴でないショッピングでは、「母親ならきっと私にこの服をすすめるはず」という母親目線で選んだり、あるいは黒などの地味で無難なものを選んだりしがちです。

 

今回お届けしたマザコン娘の特徴のなかで、あなたに当てはまるものはありましたか? 次回は残り3つの特徴を紹介します。

 

【マザコン娘の特徴】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【1/3】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【2/3】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【3/3】

 

【取材協力】

※ 木田真也・・・1979年生まれ。高校卒業と同時にカウンセリングを学び始める。

あらゆる心理療法を学び、20代半ばで恵比寿カウンセリングルーム代表に就任。以後、恋愛専門のカウンセリング、“恋愛セラピー”や日本初の恋愛スクールを開業。

今までにカウンセリングをしたクライアントは1,000人以上となる。現在、恋愛問題専門のカウンセラーとして活動中。

公式HP:http://www.mahali.co.jp

公式ブログ:http://ameblo.jp/shinya-kida/

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング