密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【3/3】

Menjoy / 2012年7月18日 23時0分

前回の記事、および前々回の記事では、心理カウンセラーの木田真也さんからのお話をもとに、男が逃げ出す痛いマザコン娘の特徴9個のうち6つまでをお届けしました。では、残り3つの特徴を見ていきましょう。

今回は、7:たびたび実家に帰る、8:「離婚したとしてもいつでも実家に帰ってきなさい」と母親が言う、9:イザというときには意外と冷たい、の3点です。

 

■7:たびたび実家に帰る

マザコン娘は、実家にべったり依存することが多いです。独り暮らしを始めても、あるいは結婚しても、たびたび実家に帰りたがります。

マザコン娘にとって実家の居心地がいいためというのもありますが、それ以上に、“帰ってくることを母親から期待されている”というのが強烈な引力になって実家に足が向いてしまうのでしょう。

 

■8:「離婚したとしてもいつでも実家に帰ってきなさい」と母親が言う

マザコン娘の母親は、娘に対して「離婚したとしてもいつでも実家に帰ってきなさい」といった発言をたびたび口にします。娘が実際に結婚生活で悩んでいるどころか、娘がまだ結婚もしていないうちから言い聞かせるほどです。

この発言は、“娘に万一のことがあっても、いつでも受け入れ態勢がある”という温かい親心から出ているように聞こえますが、本当にそうなのでしょうか?

日本では昔から“言霊”という考え方がありますが、「離婚したとしても」なんて母親がたびたび口にしていると、本当に娘の離婚を引き寄せてしまいかねません。心から娘の幸せを願う母親が、やすやすと“未来の離婚”について口にするのはやや不自然です。

もちろん、母親本人も表層意識では「娘のため」だと思っているのでしょうが、この「離婚したとしても」発言は、いつまでも娘を手放したくない母親の離婚推奨フレーズとも評価することができます。

 

■9:イザというときには意外と冷たい

これまで見てきたように、マザコン母娘は表面上は非常に仲が良いです。ところが、お互いに本当に愛し合い、大切に思っているのかというとそうではありません。

マザコンの本質は相互依存。つまり、母親は溺愛を通じて子どもを支配し、子は母親の溺愛を受けるために服従するという関係です。

ですから、何かの拍子にマザコン娘が母親に反旗を翻したら、母親は「そんな(自分にとって都合の)悪い子は私の娘じゃない」とばかりに途端に冷たくなります。

他方、母親が体が不自由になったり、認知症になったりなど、依存できないような事態が起こると、これまで“お母さん子”だった娘が急に母親を粗末に扱うようになるケースもありがちです。ちなみに、これは男性版マザコンでも共通すること。

一見、強固な結びつきがあるようなマザコン母子ですが、そのつながりは実は非常に脆いものだといえます。あなたは、老いた母親を想像することができますか? その母親に対して、未来の自分はどんなふうに接していますか?

 

以上3回にわたって、男が逃げ出す痛いマザコン娘の特徴9個をお届けしましたが、あなたに当てはまるものはいくつありましたか?

もし、たくさん当てはまってしまったかたは、この機会に親離れについてぜひ真剣に考えてみてくださいね!

 

【マザコン娘の特徴】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【1/3】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【2/3】

密かに急増中!男が逃げ出す痛い「マザコン娘」の特徴9個【3/3】

 

【取材協力】

※ 木田真也・・・1979年生まれ。高校卒業と同時にカウンセリングを学び始める。

あらゆる心理療法を学び、20代半ばで恵比寿カウンセリングルーム代表に就任。以後、恋愛専門のカウンセリング、“恋愛セラピー”や日本初の恋愛スクールを開業。

今までにカウンセリングをしたクライアントは1,000人以上となる。現在、恋愛問題専門のカウンセラーとして活動中。

公式HP:http://www.mahali.co.jp

公式ブログ:http://ameblo.jp/shinya-kida/

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング