外見ではわからない!実は「お金持ちな男性」の特徴3つ

Menjoy / 2012年8月28日 19時0分

時代の流れは無常です。六本木ヒルズ近辺でイケメンベンチャー社長と半裸女性が豪遊していたのも今は昔。今では伸るか反るかのベンチャー企業勤務の男性よりも、安定した公務員と結婚したいという女性が増えてきました。

しかし今でも金持ち男性と結婚してセレブ生活を夢見ている女性も多いとみえて、『セレブ妻になれる人、なれない人』(白河桃子著)などという指南書も出版されています。そこには、 

<本当のお金持ちは絶対に見栄を張らない。なぜなら彼らは「お金持ち」であることを人に知らせる必要がないのだから>

 という一節が……。そう、本当のお金持ちは意外と地味に暮らしているものなのです。たとえば、以下のような男性は隠れ金持ちである可能性が高いです。

 

■1:マイ弁当箱&マイ水筒男子

本当のお金持ちは、生活に多額のお金をかけません。もしかしたら1日1,000円で生活をしているかもしれません。だからこそお金が残るのです。弁当の残りは昨日自炊した夕飯の残りもの。あるいは缶詰のサバの味噌煮かもしれません。

水筒など、マイタンブラーがはやるずっと前から使っているので、外装が剥げて残念なことになっているかもしれません。それでも本当の金持ちはへっちゃらです。

 

■2:予算宣言男子

本当の金持ち男子はお金を使うところと締めるところをわきまえています。ルーティーンのような職場の同僚と行く居酒屋や、毎週末のデートの外食は、彼にしてみれば“締めるところ”です。

「今日は1万円ぶん飲み食いしたら帰ろう」とか「店員さん、悪いけど、お会計が8,000円になったら声を掛けて」などと先に宣言してしまいます。 2人で1万円とか8,000円などという、ケチくさくなくほどよい金額設定なのが憎めないところです。

 

■3:同じハサミを10年以上使っている男子

今どきハサミなど100円ショップで売っています。しかし真の金持ちは100円のものであっても大事に使います。おそらく彼は、たとえ1円でも節約をして貯金をしようと思っているはず。

見栄もなにもなく、ただただ倹約にはしる。先祖からして、そういう姿勢で生活をしているような血筋なら、相当な預金を持っている一家であると思われます。

 

いかがでしょうか?

とはいえ、弁当と水筒を持参し、飲食店に行くと先に予算を宣言し、幼稚園のころから使っているマイハサミを所持している男性をつかまえたところ、実は本当にお金を持っていないだけだった、という泣くに泣けない展開もあるとは思います。

しかしそれは、女性側にもケチと倹約とを見分ける目が求められる、ということなのでしょう。

 

【男の見分け方】

※ 話し方に要注意!将来「落ちこぼれる男」を見分ける方法

※ 知らないと危険?本当に思いやりのある男を見分ける方法3つ

※ 見た目に騙されないで!「女を裏切らない男」の特徴5つ【前編】

※ 見た目に騙されないで!「女を裏切らない男」の特徴5つ【後編】

 

【参考】

※ 白河桃子(2010)『セレブ妻になれる人、なれない人』 プレジデント社

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング