アラフォー男子に送っちゃダメ!女子のNGメール作法11個【1/3】

Menjoy / 2012年9月20日 21時0分

携帯メールを打つとき、相手に真意が伝わるように気をつけていますか? 1つの小さな絵文字にあなたのありとあらゆる気持ちを込めたつもりでも、おじさんになりかけのアラフォー男子にはそれがうまく伝わっていないかもしれません。伝わらないメールは、誤解のもとですよね。

アラフォー男子がふつうにメールを読んでいるときにつまずきがちな、女子からの携帯メールをご紹介します。不惑にちかい男をつまずき惑わせることのないよう、参考にしてみてください。

 

■1:orz

「orzは、つい最近、会社の部下にその意味を教えてもらうまで、ちっともわかりませんでした。『急な腹痛でorz すみませんが1時間遅刻します』というメールが携帯に届いたとき、急な腹痛で“下痢をした”と読むのか、“倒れた”と読むのかを部下に尋ねたのですが、部下は真剣に笑っていましたね」(40歳・商社)

ご存知の人のほうが多いと思いますが、orzは、両手と両膝をついてうなだれている人を表現しています。アラフォー男子にとっては、言われないとわからないようです。

 

■2:明日“わ”

「私“わ”とか明日“わ”とか、どうして最近の女の子は“は”を“わ”と打つのでしょうかね? しかも小さい“わ”を使っているメールを読むと、なぜかものすごくイラっとします。イライラして次の文章が頭に入ってこないのです。頭が悪そうな文章に見えるんですよね」(44歳・ゴルフ場経営)

時代とともに日本語の使い方が変わっていくと言えど、年上男子にはマナーを守って、ちゃんと“は”を使ったほうが、賢い女子に思われるようです。そうわ思いませんか?

 

■3:機種依存文字をいまだに理解していない[ちからこぶ]

「45歳の私でも機種依存文字があることくらい理解しています。文章の途中に『明日もがんばります[ちからこぶ]デザインの完成まで気合いで乗り切ります[ちからこぶ]』などと、機種依存文字の説明が入っていたら、うっとうしいですよ」(45歳・会社経営)

機種依存文字は、相手に「絵文字がちゃんと出ていないよ」と言われないと、なかなか気がつかないのかもしれませんね。年上の人には、できるだけ絵文字なしでメールを送るのがいいかもしれません。

 

■4:むやみにクマさんが踊っている

「娘から、『明日の家族旅行楽しみだよ』というメールが来たときに、文章の終わりでクマさんが両手を胸の前でクロスさせて激しく左右に頭を振りながら踊っている絵文字がありましたね。ああいうのは、若い子のなかで流行っているんですか? 娘としては、楽しい気持ちをクマに託したつもりなんでしょうが、そんな子に育てた覚えはないなあ、と思ったものです」(44歳・商社)

平たく言えば、踊る系の絵文字は、アラフォー男子にはバカっぽく映るということでしょうか?

 

いかがでしたか?

絵文字にあなたの気持ちを託した“つもり”でも、そうは受け取ってくれないアラフォー男子もいます。妙な誤解や悪い評価を招かないためにも、年上の男性には、絵文字なしで丁寧な日本語でメールを送ってみてはいかがでしょうか? この項、さらに続きます!

 

【メール作法シリーズ】

※ アラフォー男子に送っちゃいけない女子のNGメール11個【1/3】

※ アラフォー男子に送っちゃいけない女子のNGメール11個【2/3】

※ アラフォー男子に送っちゃいけない女子のNGメール11個【3/3】

[click]おさわり探偵なめこ栽培キット(なめこ盛り合わせ)iPhoneケース

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング