男がネットで「良からぬ恋に落ちてしまいそうになる」瞬間10個【前編】

Menjoy / 2012年10月3日 12時0分

あなたの彼氏や旦那はTwitter、LINE、あるいはFacebookやブログなどのソーシャルメディアを利用していますか? やっているなら要注意! ネットはとくに男性にとって、じつに誘惑の多いところなのです。もしかしたら、あなたのパートナーも、仮想空間で良からぬときめきを感じているかもしれませんよ。

『gooランキング』にも、「インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(男性編)」なる、ちょっと生々しいランキングがありました。どうやら、ネットでやりとりする相手に恋愛感情をもってしまう男性、多いようです。

あなたが気にしないのならそれでかまいません。でも、浮気の芽は早いうちに摘みとるべき、との考えかたもありますよね。今回はその『gooランキング』を参考に、“男がインターネットで恋に落ちる瞬間”を知り、傾向と対策を考えましょう。

今回は【前編】として、10位から6位までをお届けします。

 

10位:自分へのレスを長文でくれる

“こんなことで”と思いがちですが、これでグッとくる男性は多いことでしょう。そもそも、ソーシャルメディアは“誰かから認められたい”という承認欲求をみたすために利用される側面も。熱の入った投稿に、女性が長文の返信をくれたら……どうにかなってしまうこともありえます。

でも、これって、いつも“誰からも認められていない”という不満の裏返しでもありますよね。パートナーがネットにやすらぎを求める前に、あなたが身をもって現実の良さを教えてあげてください。

 

9位:具合の悪い時に心配してくれる

なによりもまず、“具合の悪い”ことをネットにかいてもしかたないのでは、とは思いますが、まあ弱っているときにやさしくされると男はヨワいですよね。

でも、ネットからでは看病も差し入れもできません。現実世界で会う口実にされる前に、あなたが悪い虫を寄せつけないほどたっぷりの愛情でサポートしてあげましょう。

 

8位:自分に心を開いてくれている感じがする

たいていは勘違いです! そもそも、男性が入れこんでいるお相手が女性だとは限りません。“ネカマ”、けっこう多いみたいですよ。男性のあたまを冷やさせたいときは、“ネカマ”という言葉の威力を借りるべきです。

 

7位:言葉遣いがかわいらしい

男には、それぞれ“ツボ”な言葉遣いや絵文字の組み合わせがあったりします。それが一致してしまうと、ちょっとやっかいかも。メッセージのやりとりで仲が急速に深まることに。

あなたがその男性の“ツボ”を心得ておくのはもちろんですが、カレがTwitterやブログのダイレクトメッセージを多用しだしたらとても危険です。

 

6位:「おはよう」や「おやすみ」など挨拶を毎日してくれる

ネットで毎日“おはよう”や“おやすみ”などの挨拶をされたらちょっと怖い気がするのですが、これがうれしいとしたらもう重症です。心のパートナーの座はすでに顔も見えぬ何者かに奪われてしまっています。

あなたがするべきことは、それを奪い返すことのみ。アカウント削除は男性に激怒されることがあるのでオススメしません。

 

いかがでしたか? 下位からいきなり衝撃的でしたが、上位にはさらに衝撃的な“男がインターネットで恋に落ちる瞬間”が並びます。

たとえば、SNSで見ず知らずの異性から友達申請がきたら、どうしますか? もちろんふつうはスルーしますが、その実写プロフィール画像がかわいいか、美人だったら、男性は……? 【後編】も必見です。

 

【ネット恋愛シリーズ】

※ 人口の20%は「ネットで恋人を作っている」ことが明らかに

※ アメリカ「出会い系サイトで恋人探しは恥ずかしくないよ」

※ なんとアメリカの60歳以上は「出会い系の達人」だった!

※ 知らないままだと超危険!Facebookで恋が終わる原因5つ

[click]スターウォーズR2-D2のUSBメモリ

 

【参考】

※ インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(男性編) ‐ gooランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング