男が思わず誘惑したくなっちゃう女のメール9パターン【前編】

Menjoy / 2012年9月26日 22時0分

日頃、何気なくやっているメールですが、恋愛に発展しやすいメール術というものがあるのを御存知ですか? モテる女性は自然とそれを行っているそうですが、一体どういうものなのでしょうか。

「メールでデートに誘いやすい子や好意を伝えてくれる子は、それだけで恋愛に発展する確率が上がりますね」と語るのは放送作家の白武ときおさん。

普段から女優やアイドル、スタッフなどたくさんの女性と日々メールをやりとりしている白武さんに伺った、恋愛に発展しやすい女性のメール術9パターンを、【前編】と【後編】に分けてご紹介します。

 

■1:また会いたいことを伝える

「遊びや飲み会の後に”今日は楽しかったよ! また一緒に遊びに行こうね”と次に繋がるメールを打つことは非常に効果的です。「また誘ってね」と言われると、男性は自分のことを好きなのではないかと色々考えてくれます。メールを送るのが遅くなっても、”この間は楽しかったね”と始めればいいので、使えるテクニックです」

 

■2:見たい映画があることを匂わす

「”そういえばあの映画観た?”と質問し、自分がまだ行きたいけど行けていないことを伝えましょう。少しでも自分に気のある男性なら、デートに誘ってくれます。映画デートはハードルが低いのでオススメです。ただ気をつけて欲しいのは、男性も見たいと思うであろう映画をチョイスすることです」

 

■3:相手のスケジュールに合わせて連絡する

「男性がポロっと口にしたことを覚えておき、メールをするとかなりポイントが高いです。例えば、”来週の日曜日に大事なイベントがあるんだよね”と言ったことを覚えておき、日曜の朝に応援のメールをするなどです。自分のことを思ってくれているのが伝わるので、マメなテクニックとして使えるようになると強いですね」

 

■4:効果的なポイントでハートを付ける

「男性は単純なので、ハートの絵文字ひとつに想像を膨らませてくれます。ただ、重要なのは使うタイミングです。なんの色気もない内容のメールに、たくさんハートを使ってしまうと、本当に好意を伝えたいときに効果を発揮できません。2人で会う予定が決まったときや、デートが楽しかったことを伝えるときなどに、タイミングを見計らうと効果が何倍にも増します。なかなか文字で好意を伝えるのが苦手なひとは、ハートの使い方で思いを伝えてみましょう」

 

いかがでしたか? どれも簡単のものなので、是非試してみましょう。後編では残りの5つをご紹介します。

 

【白武ときおさんにコメントいただいた記事】

※ NGな男性からの告白をうまく断る「魔法のフレーズ」7つ

※ 男が嫌う「飲み会にいてもつまらない女」の特徴9パターン【前編】

男が嫌う「飲み会にいてもつまらない女」の特徴9パターン【後編】

※ 上戸彩に学ぶ!HIROのような40代男性と結婚するメリット6つ

[click]α-アルブチンをたっぷり使った美容液『Blanc Blanc ブリリアントエッセンス』

 

【参考】

※ 白武ときお・・・京都出身。テレビ朝日の番組の放送作家、お笑い芸人門出ピーチクパーチクの座付き作家、TOHOシネマズ学生映画祭の企画、ライターとして活躍の場を広げている。Twitterは@TOKIOCOM

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング