男にドン引かれる「ウザいSNS女子」にならない方法9個【3/3】

Menjoy / 2012年11月21日 21時0分

ツイッターにおいて全国の女性経営者のなかで抜群の影響力を持つと言われている星野有香さんに、品よくツイッターやフェイスブックを活用する方法を前々回前回ご紹介していただいています。多くの個人や上場企業に対して、スマートにSNSを活用する方法をコンサルティングしている星野さんは、女性のSNS活用法にどのようなアドバイスをしてくださるのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

 

■7:プライベートを一切公開しないのはNG

「読者がプライベートな投稿をみて、共感を覚えたり、親近感を持ってくれたりすればしめたもの。それが新たなファンの獲得につながるのです」

“プライベート=個人情報”がダダ漏れになるのが怖い人は、友だちのみに公開するなどの方法があるので活用してみましょう。100%ビジネスのことを書いているツイッターやフェイスブックは、魅力がないどころか、がっついているイメージを読者に与えてしまいます。

 

■8:「コンサルタントをやっています! 相談してください!」はNG

「飲食店を経営しているのであれば、料理のポイントを教えたり、毎日ひとつずつレシピを公開したりするのもよいでしょう。それが結果的に売り込むことにつながるのです」

リアルな社会においても、自分の利益を先に確保する人は、まっさきに嫌われます。先に相手にとって有益な情報を提供してあげる思いやりが、SNSのなかでも欲しいのです。

 

■9:“いいね!”の強要はご法度

「ツイッターにダイレクトメッセージが届いた場合、“フォローありがとうございます。フェイスブックはこちらがメインです。よろしくお願いします。(以下、フェイスブックのURL)”とすれば、強制的な印象を与えないし、怪しい人だと思われることもありません」

応接室に3時間缶詰めにして、激しい押し売りをする……のではなく、品よくさりげなく、が今の流儀です。自分が見てもらいたいページ(商品紹介のページやフェイスブックのページなど)を紹介したいのであれば、お礼のメッセージと併せて品よく紹介することが大切です。

 

いかがでしたか? SNSを商売に使っていたり、リアルな出会いを求めるツールとして使っていたりすると、どうしても相手に対して求めることが多くなります。欲しいものは忘れたころにやってくると考えて、肩の力を抜いてツイッターやフェイスブックを活用するという姿勢が、いい男を呼び寄せるのではないでしょうか?

 

【モテ女のSNS作法シリーズ】

男にドン引かれる「ウザいSNS女子」にならない方法9個【1/3】

男にドン引かれる「ウザいSNS女子」にならない方法9個【2/3】

男にドン引かれる「ウザいSNS女子」にならない方法9個【3/3】

 

【取材協力】

星野有香・・・スターシード株式会社代 表取締役。1982年大阪生まれ。ツイッターで1年間に7万人を超えるフォロワーを獲得。フェイスブックでは1年間で8,000人のファンを獲得。2011年にソーシャルメディアを活用したマーケティング、コンサルティング等を行うスターシード株式会社を設立。現在、数十社のアドバイザリーを務め、セミナー、講演、コンサルティングに奔走している。近著に『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)がある。Twitterは@yukahoshino。Facebookはhoshiyuka.jp

 

【参考】

星野有香(2012)『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング