デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【2/3】

Menjoy / 2012年11月25日 20時0分

デキル男にイラッとされる“ぼんやりOL”を卒業して、有望株男子にモテるための仕事術を、若くしてみずから仕事をつくりださないと食っていけない状況にあえて身を置いたフリーライターの池田園子さんに教えていただいています。

前回は慣れに甘んじている気持ちを捨てる、素直になる、Web力をつける、Web断ち力を身につけるの4つをご紹介しました。引き続き見ていきましょう。

 

■5:報連相(ホウレンソウ)力

「苦手な先輩にだって、毎日きちんとホウレンソウをしていれば、確実に仕事がしやすくなるものです。また、1人の力にはおのずと限界があるわけで、周りを上手に巻き込みながら仕事をしたほうが、いい仕事ができますし、コミュニケーションも図れるので一石二鳥です」

苦手な先輩男子にホウレンソウをしていたら、社内結婚になった……という話も、ないようでありますよね。

 

■6:年長者キラー力

「職場のおじさんたちに気に入られたら、お得なことが多いものです。権力を持っているのはおじさんであり、“いかにおじさんを握っておくか”で、社内でもポジショニングが大きく変わってきます」

おじさんキラー力をつけると、加藤茶のような男性と結婚できるかもしれません。

 

■7:レギュラー・ゲット力

「毎日雑用ばかりで仕事がつまらない。そう思っていると、いきおい、ぼんやりOLになりますよね。そのポジションを卒業しようと思えば、レギュラー・ゲット力を磨きましょう。コツは“便利に使われる”ことです。“この仕事、彼女ならサクサクっとやるよ”なんて評価が有望株男子からあがってこれば、彼はあなたを信頼して、おもしろい仕事も振ってくれるようになります」

このとおりですよね。解説は不要でしょう。

 

■8:恋愛力

「愛する、愛されるという2つのことを体感することは、その人全体の安定感にもつながります。たとえば“週末はデート”ってなると、それまでに仕事を終わらせたいので、だらだらすることが減ります。大好きな人がいるという“心の余裕”がいい仕事を生みます」

ぼんやりOLから即座に脱出しようと思えば、社内恋愛から始めてみてもいいかもしれません。

 

いかがでしたか? 最後の恋愛力というのは、わりと簡単に始められそうですよね。もっとも社内はおじさんだらけという人は、6の年長者キラー力から始めてみてもいいかもしれません。残りの4つは次の記事でご紹介します。

 

【池田園子さんの記事シリーズ】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【1/3】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【2/3】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【3/3】

 

【取材協力】

池田園子(いけだ・そのこ)・・・フリーランスの企画ライター/ディレクター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、リアルワールドでメディア運営を経て独立。現 在10以上のWeb媒体に執筆中。2011年春に恋愛コラムでライターデビュー。以降“Web男子”“エディター男子”“ドリル男子”“芝生男子”など の、さまざまな新ジャンルの男子カテゴリを生み出して話題に。2012年11月にフリーランスの働き方をテーマにした『フリーランスで食っていきたい!』 を出版。Twitterは@sonoko0511。ブログは『Sonoko Blog』 

 

【参考】

池田園子(2012)『フリーランスで食っていきたい!』(ぱる出版)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング