男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【1/3】

Menjoy / 2012年12月7日 11時0分

婚活パーティーなどで、せっかく男性に声を掛けられたものの、話をしているうちにフェードアウトされていってしまった経験ありませんか? または、連絡先は交換したものの、その場で別れたら音信不通なんてことも……。では、何がいけなかったのでしょうか?

今回は、『モテない男ナンパ塾&婚活塾』の主宰者である藤田サトシさんに“第一印象で恋愛対象外と判定される女の言動”についてお話を伺いました。思い当たることはありますか?

 

■1: 「あなたが初めて声を掛けてくれた人」とすぐに言う

男性に声を掛けられたらすぐに「あなたが初めて声を掛けてくれた人です」とか、お見合いをして「あなたが始めてお見合いしてくれた人です」といってくる女性がいます。これは、どんな男も「重い」と感じるはずです。

さらに、こういったことを言う女性は、男性が帰ろうとすると、なかなか帰してくれないことが多いんです。逃がしたくないと思っているのかもしれませんが、これは逆効果。「逃すまい」とされればされるほど、男は逃げたくなってしまうものなのです。

 

■2:女友達と一緒に値踏みしてくる

まず、カップリングパーティーなどで女友達と一緒にいる場合、声を掛けたらその友達は気を利かせてその場を離れてほしいですね。

なのに、会話に割り込んできて、さらにはじっとこちらを凝視して、2人で査定してきたりするケースがよくあります。会話を盛り上げるどころか、半ば邪魔してくるわけです。これでは不愉快にならないほうがおかしいですよね。

ちなみに、これは美人な女性とそうでない女性のペアの場合に多い傾向です。

 

■3:占いに頼ろうとする

生年月日や干支、血液型を尋ねられるのはあまりいい気がしません。女性が占い好きなのはよくわかります。しかし、男からすれば、いい大人が自分の頭で判断せず、占いに判断を頼ろうとする女性を見て子供だと判断してしまいます。

また、付き合ったら、何かあるごとに占いに頼られるかと思うとウンザリしてしまいます。

 

いかがでしたか? 次回に続きますので、お楽しみに!

 

【婚活女のNG言動】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【1/3】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【2/3】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【3/3】

 

【取材協力】

※ 藤田サトシ・・・年間延べ1,000名以上の受講者がある『モテない男ナンパ塾&婚活塾』塾長。著書『モテ・バイブル』他多数。2010年発売の『モテる会話』が好評のため、2012年7月、文庫本『モテる会話』が再刊。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング