合コン相手に「マジ付き合いてぇ!」と思わせるテクニック【前編】

Menjoy / 2013年1月3日 20時0分

合コンで出会った男性と真剣な交際に発展したという経験、ありますか?

結婚相談所などを運営するサンマリエが実施したアンケート調査によると、「合コンから真剣交際に発展した経験はある?」という質問に対して、9割近くの男性が「ない」と回答しているようです。やはり合コンでのマッチングは、なかなか難しいことのようです。

そんな中、合コンで出会った男性から「この子とだったら真剣に付き合いたい」と思われる1割の女性とは、一体どんな女性なのでしょうか? そう思わせるには、どうすればよいのでしょうか?

今回は、“合コンで出会った男性を本気にさせる方法”について、『モテない男ナンパ塾&婚活塾』主宰者の藤田サトシさんに教えていただきました。

 

■好みは人それぞれ、重要なのは“好みを見抜くこと”

「男性から“真剣に付き合いたい”と思われるには、外見と人間性の双方が、その男性にとって一定以上のレベルをクリアーしていることが大きなポイントになります。誰でも個々に好みが異なりますが、双方ともその男性の好みでなければなりません。重要なことは、その男性の“好み”を見抜くこととなります。

外見の好みについては、合コンの最中にでも、さりげなく本人に尋ねてみればいいのですが、問題は性格についての好みです。」

外見と人間性の双方が好みであることが必要、と聞くとハードルが高そうですが、“個々に好みが異なる”ということは、必ずしも“美人で知的で女性らしい”など、ハイスペックでなくてはいけないわけではなさそうですね。

では、藤田流“男性の好みのタイプを見抜く方法”を見ていきましょう。

 

■男性の“好みのタイプ”のベースは母親?

「“好みの性格”については、本人に尋ねても見抜けないことがあります。それは本人が無意識に意識しているケースが多いからなのです。

しかし、その無意識のレベルを見抜くことは、それほど難しくはありません。多くの場合、その男性の母親が、幼少時代にどんな人であったか、どのような教育を受けてきたかが、影響を及ぼしているのです。

これを“エディプスコンプレックス”といいます。平たくいえば、人は無意識のうちに、異性の親を無意識のうちに好みのタイプとしていることが多々あります。親でなくても、おばあちゃんだったり、初恋の人だったり、幼少時代に強い影響を受けた相手だったりすることもあります。

母親がチャラければ、キャバ嬢っぽいチャラい女性が好きになるのです。母親が浮気性だったならば、そういう女性が好きなのです。

これは逆もいえます。母親が生真面で堅実な性格であれば、生真面目で堅実な性格な女性が、結婚相手の候補になるのです。

真逆なタイプの相手とは波長があわないので、結婚相手にはなりにくいです。相手の好みを探りたいなら、幼少時代の環境を聞き出し、理想となる人物像を演じていけばいいのです。」

 

 いかがでしたか? 

“母親が理想のタイプ”と聞くと、拒否反応を示す女性もいるかもしれませんが、あくまで無意識の領域のお話です。

考え方を変えれば、もし意中の彼の母親と自分に共通点が多いことが分かれば、“家庭環境が似た相手とお付き合いができれば安心感もあるし、結婚後もなにかと気が楽である”という、女性側のメリットも思い浮かびます。

相手の“好みのタイプ”のリサーチはもちろん、自分の今後の平穏な生活のためにも、合コンなどで好みの男性と出会ったら、さりげなく家庭環境や育ち方を確認してみるのがよさそうですね。

【後編】では、その具体的な聞き出し方や、アピール方法について伺っていきます。

 

【合コンシリーズ】

合コンで「スペック高い男性」を落とす最強テクニック7つ【前編】

合コンで「スペック高い男性」を落とす最強テクニック7つ【後編】

※ 合コン中に男性がドン引きしている「女性のNG行動」7つ【前編】

※ 合コン中に男性がドン引きしている「女性のNG行動」7つ【後編】

 

【参考】

合コンから真剣交際に発展した経験はある? – サンマリエ

【取材協力】

※ 藤田サトシ・・・年間延べ1,000名以上の受講者がある『モテない男ナンパ塾&婚活塾』塾長。著書『モテ・バイブル』他多数。2010年発売の『モテる会話』が好評のため、2012年7月、文庫本『モテる会話』が再刊。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング