男性より女性の方が「恋愛依存症」になりやすい理由【後編】

Menjoy / 2013年1月15日 20時0分

前回の記事では、女性は恋愛依存症に、男性は回避依存症になりやすく、依存傾向の強弱の差は、幼少期の家庭環境によって異なることをお伝えしました。

今回は、いよいよ「なぜ女性のほうが恋愛依存症になりやすいのか」に迫っていきます。引き続き、恋愛依存症・回避依存症克服支援カウンセラーの石黒みゆさんに話を伺っていきます。

 

■依存症になるのは母親の影響が大きい

恋愛依存症、回避依存症になるのは、母親の影響が強いといわれています。

男性の場合は、恋愛依存の母親から溺愛や過干渉、過保護など支配的な育てられ方をすることが多くなります。それは、母親から見て異性ということもあり、自分の息子に夫へ向けられない愛情を注いでしまうからだと思われます。

たいていの場合、恋愛依存の妻には回避依存の夫がペアになります。また、本来の夫の依存傾向が妻と同じ恋愛依存だったとしても、妻の恋愛依存の度合いが強いと、夫は回避依存側の立場に回ります。

そのため、夫は妻との関係を“回避”することになり、それによって寂しさを感じる妻は、息子を夫の代わりに愛して溺愛するというパターンが多い訳です。そこから男性は回避依存の傾向が強くなります。

 

■男性よりも女性のほうが恋愛依存症になってしまう理由

そして女性の場合はどうなのか?というと、これも母親の影響が考えられます。

母親は同性の娘に対して、無意識ですが、ライバル心のようなものを抱くことがあります。夫が娘のほうをかわいがることに対して、同性としておもしろくないという心理が働くのです。

もちろん表面的にはかわいいわが子ですが、母親は娘にはあまり愛情をかけきれない、どこかライバル視してしまい本心からかわいがれない、夫に夢中になってしまう、または仕事や趣味など他のことに夢中になりあまり子どもを見ていない、ということがおこります。これらは、育児放棄する親の典型的な例です。

そこから女性は、「母親に愛されていないのではないか?」「母親に見捨てられるのではないか?」という不安から恋愛依存症になりやすいのです。

 

いかがでしたか? もしあなたが恋人に依存しすぎてしまい、仕事や生活にまで支障をきたしているような状況の場合、「そういう恋愛体質だから」と安易に考えず、自分を変えていく行動をすることが素敵な恋愛に繋がっていきます。

自分ではなかなか直すのが難しい依存症。もし悩んでいる方は、一度専門家に相談してみることをお勧めします。

 

【恋愛依存症シリーズ】

※ 心理カウンセラーが語る「恋愛依存症」女のドン引き実態【前編】

※ 心理カウンセラーが語る「恋愛依存症」女のドン引き実態【後編】

※ 男女問わずドン引き…「恋愛依存症」の痛すぎる実態7つ【前編】

※ 男女問わずドン引き…「恋愛依存症」の痛すぎる実態7つ【後編】

 

【取材協力】

※ 石黒みゆ・・・恋愛依存症・回避依存症克服支援カウンセラー。電話やスカイプを使って、全国の恋愛依存症で悩む女性にカウンセリングやセラピーを行っている。ブログは『脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ』。メルマガも配信中。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング