つまらない話にウンザリ!なとき使える話題転換テク9つ【1/3】

Menjoy / 2013年1月19日 18時0分

飲み会や合コンで男性の話を聞いていて、「つまらないなぁ」「この話題をふられるのキツイなぁ」と思ったことはありませんか? 聞き上手がモテると言われていますが、楽しんでいない雰囲気を出していては、印象もよくありませんよね。

話がつまらないのでもう帰りたいと思っても、相手がその気持ちに気づいてくれるとは限りません。

そんな時に使える“さりげなく上手に話題を変える方法”を、村松加王里さんの著書『しゃべらない会話術。』からご紹介します!

 

1:過去形を使う

<「そろそろ席を立ちたいな」と言うときは、相手が気持ちよくなる言葉を伝えた上で、まとめに入り終わらせます。>

過去形は物事の修了を意味するので、使いやすく、相手にも伝わりやすそうですね。同書では例文として、

<「今日は美味しい食事もできて、勉強になる話も聞けてよかったです。明日さっそく活用したいと思います。ありがとうございました」>

と載っていました。相手に感謝を伝えれば後味もよさそうです。ただ、この言葉を耳にしても、まだまだ話を続けられる人は相当手ごわいですけどね! 

 

2:次の約束の提案をする

<「今日は楽しかったですね! 次回は、いつにしましょうか?」

とバッサリと本日の終わりを告げる言葉を伝えれば、相手も後追いはできません。>

一度きりの関係ではない人に使えそうなワザですね。初めて会った人に言えば、「次また会える!」という感激が強いあまり、話を打ち切られたことも忘れてくれるかもしれませんよ。

 

3:あいづちで会話の流れを変える

<一方的にマシンガントークをする人の話に疲れてきたら、あいづちのテンポをゆっくりめに変えていきます。不思議と話し手のスピードもそれに合わせて遅くなっていきます。>

早口で話す人につられて、自分のほうも話し方が速くなった経験はありませんか? 筆者は場のノリがアップテンポになるのにつられてしまい、後になってすごく疲れた記憶があります。

たしかに、逆に自分のペースに引き込めば、相手のマシンガンも止められそうですね。

 

以上、まず今回は、会話の終わらせ方と、話のテンポを変える方法を見てみました。続く記事で、話題を変えるワザをもっと紹介していきますよ!

 

【話題転換テク】

※ つまらない話にウンザリ!なとき使える話題転換テク9つ【1/3】

※ つまらない話にウンザリ!なとき使える話題転換テク9つ【2/3】

※ つまらない話にウンザリ!なとき使える話題転換テク9つ【3/3】

 

【参考】

※ 村松加王里(2012)『しゃべらない会話術。 口べたでも、話術に頼らずみるみる会話が楽になる!』(青月社)

【画像】

by TheStaceys1

Menjoy! メンジョイ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング