気付いてあげて!実は男性が死ぬほど悩んでいること6個【後編】

Menjoy / 2013年1月30日 23時0分

前回の記事では、米国の女性向けサイト『YourTango』から、男性特有のお悩み6個のうち、まずは1:「自分の稼ぎは少ないんじゃないか?」、2:「俺の人生、このままでいいのか?」、3:「無職になったらどうしよう」の3個をお届けしました。

では、引き続き残り3個のお悩みと、悩める彼氏や夫にどのように接するべきかについてチェックしていきましょう!

 

■4:「俺も老けたよな……」

「いつまでも若々しく美しくありたい!」という願いは、女性限定ではありません。実は、男性だって、鏡の前で白髪を見つけたり、額の後退具合を気にしたり、意外と“老い”について気に病んでいます。

そんな彼の悩みを軽くするには、あなたの励ましが最も効果的。「年々、かっこよくなってるよね」「昔より、今のあなたのほうが好き!」というふうに、ちょっと照れくさくても、たまにはストレートに愛情表現してみるのがいいでしょう。

 

■5:「いつか大病を患うんじゃないか」

男性は医者嫌いな人が多く、健康診断なども受けたがりません。それでいて、内心では「俺の体、大丈夫かな?」「うちはガン家系だから、自分もいつかは……」なんて怯えているのです。

近年、ガンを含めて多くの病は、早期発見さえすれば治療可能になってきています。なので、彼にいつまでも長生きしてほしいのであれば、ぜひ健康診断の受診をすすめてみてください。どうしても渋るようなら、「私が受けたいから、ついてきて!」「夫婦一緒に受けると割引があるらしいよ」というふうに誘ってみて、一緒に受診するのもいいでしょう。

 

■6:「俺に父親の資格はあるのだろうか」

すでにパパになっている男性、あるいは「いずれ子どもが欲しい」と思っている男性は、自分の“父親としての適性”について思い悩むことがあります。

たとえば、「自分がちゃんと子育てできるのだろうか?」「俺のオヤジのような悪い父親にはなりたくない!」「厳しすぎるのも甘すぎるのもダメだし……」というふうに独りでくよくよ考えているのです。

ですから、夫婦の間に子どもが生まれたら、子育てについてよくよく話し合ってください。あなたのほうから“母親としての悩み”を打ち明けることで、夫は「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」ときっと心が軽くなるはず。

子育てに正解はありません。でも、夫婦で悩みを共有することによって、子育てのプレッシャーが軽くなるとともに、夫婦の絆も強まっていくのではないでしょうか?

 

以上2回にわたって、男性特有のお悩み6個をお届けしましたがいかがでしたか? 男性は自分の強がりから自分の悩みを打ち明けることがなかなかできません。

なので、身近な女性が「彼はもしかして今こんなことを悩んでいるのでは?」というのを察してあげて、愛する彼を上手にサポートしていきたいものですね!

 

【男の本音シリーズ】

※ もう騙されない!男性がよく使う「上っ面フレーズ」10個

※ 本音が炸裂!男性が女性に求める「結婚の最低条件」5つ

※ 男性が「触ってみたい」と思っている女性の体パーツ4つ

※ 男は「家庭を作ることが幸せ」と考えていることが明らかに

※ 男が休日を家で過ごしたがる本当の理由は「●●だから」?

 

【参考】

7 Things Men Fear Most – YourTango

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング