「東大卒エリート男子」に選ばれる女子の条件【特徴編】

Menjoy / 2013年3月8日 12時0分

学生時代は、よく遊ぶ同級生の中に“お勉強のできるエリートの卵君”が混じっていてもそれほど特別とは思っていなかったけど、社会人になってみたら、彼らはなかなか出会えない“貴重な人材”だったんだと気がついた、なんてことありませんか?

進学校やお嬢様学校のみならず、普通の公立育ちの女子の周りにも、小学校や中学校のクラスに数人は“成績上位のエリートの卵君”が潜んでいるものですが、結局そういう男子に選ばれたのは、どんな女子なのでしょうか?

『東洋経済ONLINE』の「エリートたちの恋愛・結婚・離婚事情」には、

<給料や社会的ステータスの上昇により突然、学生時代は見向きもしてくれなかった美人の態度が親切になるので、人間不信になり女性に心を開くことが難しくなるケースが存在する。(中略)そして、自分がオタク、ガリ勉とののしられ、女性に見向きもされなかった開成高校および東大の少林寺拳法部時代から慕ってくれた、姉妹校のチアリーディング部の補欠選手だった彼女以外には信用できない、となるのである。>

という一例が紹介されています。今回は、元モデルでガールズライフアドバイザーとしても活動する、田口麻衣子さんに“真面目なエリート男子に選ばれる女性”について伺ってみました。

 

■1:華やかな美人よりもモテるのは……

「見た目で言うと、コンサバ系の女子が人気です。あまりきらびやかだとどう対応していいか分からないようです。

周囲の東大卒男子と結婚した女子たちは、今時のオシャレさんというよりはクラシカルな雰囲気の、品のいいお嬢さんタイプで、一見地味な女性が多いです。“おばあちゃまから頂きましたの”的なアクセサリーなどがあると、ウケる傾向もあります。あくまで育ちの良さアピールが重要です。」

なるほど!確かに、お坊ちゃんタイプの男子は、育ちの良い女の子に、親近感と安心感を得られそうですね。

「私はお嬢様じゃないから無理かな」と思ってしまった場合は、“家庭は普通だけど、家族に愛されてすくすく育った”というように、幸せな家庭のお姫様アピールをするだけでも、グッと印象が良くなりそうです。

 

2:エリート男子に受けるメイクって

「メイクはナチュラルに。でもノーメイクはNG。つけまつげバーン!とかはウケが悪いです。細めのアイラインに、ピンク系のシャドウ・チークでスッピン風アイドルメイク、もしくは清楚系メイクを。流行のお化粧に走りすぎると、自分の個性を消してしまうので控えましょう」

彼のご両親に会っても気に入られそうなメイクをしておけば、間違いはなさそうですね!

 

3:頭はよくなくていい、聞き上手であれ

「知への探究心が強い方ばかりなので、彼らの専門分野について語らせると気分上々。その分野についての知識はいらないけれど、延々語り始めた時にしっかり本気で聞けることが大事です。生返事ばかりしていると、ばれてしまいます」

相手の話に真剣に興味を持って聞ける好奇心旺盛さと、打てば響くような相槌が打てる賢さがあれば、対等に渡り合えなくても充分楽しい会話ができそうです。

 

4:男のプライドを尊重しよう

「これはどんな男子にも効きますが、すごいと思ったら素直にすごーい!とほめてみましょう。男子はプライドの生き物ですから。女子にほめられると無条件で嬉しくなるし、ほめてくれた人の評価は俄然アップします」

いかがでしたか? 真面目系エリート君には、出すぎず、それでいて臆することもなくのびのびと会話できる、素直なお嬢様タイプが人気のようですね。次回は、さらに具体的に、飲み会での好感度の高い行動パターンなどについて、伺ってみたいと思います。実践編ということで、エリート狙いの女子は必読です!

 

【東大卒エリート攻略シリーズ】

東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個【前編】

東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個【後編】

TwitterとFacebookで東大卒男性をゲットした幸運な女性

思い込みはNG!ハーフの男性に言っちゃいけない言葉8個【前編】 

思い込みはNG!ハーフの男性に言っちゃいけない言葉8個【後編】

 

【参考】

エリートたちの恋愛・結婚・離婚事情 – 東洋経済ONLINE

 

【取材協力】

田口麻衣子・・・愛知県出身。都内某女子大在学中、CM・美容モデルとして活動。職業柄ヘアメイク、ネイルなどに興味を持ち、ブライダルヘアメイク・ネイリストとしても活動経験あり。また自身の数々の恋愛における失敗を踏み台に、現在は金融系OLの傍ら女性のハッピーオーラで日本を元気にすべく、ガールズライフアドバイザーとして活動中。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング