女性から告白して大丈夫!ホワイトデーの意外な由来

Menjoy / 2013年3月9日 22時0分

もうすぐホワイトデー。本命のカレからはもちろん、義理チョコをあげた会社の上司や男友達からのお返しが、そろそろ気になりますよね。

お返しが気になる以前に、カレに今年は時間がなくて、バレンタインデーに何もしてあげられなかったというひともいるかも知れません。そんなひともまだ間に合います。ホワイトデーを利用すればいいんです。

「でも、ちょっと待って。ホワイトデーは男性から女性にお返しをする日でしょ?」と思っているあなた。じつは、本当のホワイトデーには、違う意味があったのです。

 

■3月14日の本当の意味

そもそもホワイトデーというのは、バレンタインデーのお返しとして男性が女性にマシュマロやキャンディーを配る日として、日本の全国飴菓子工業協同組合が仕掛けた記念日です。同組合が1978年に発案し、準備期間を経て1980年からはじめた日本独自の習慣ですが、近年では韓国、台湾などにも広まっています。

ですが、どうして3月14日なのでしょうか? それは、単にバレンタインからちょうど1ヶ月でキリが良いからというわけではなく、ちゃんと理由があるんです。

それは、バレンタインデーの由来となった殉教者・聖バレンタインに救われた恋人同士が、そのひと月後に、改めて永遠の愛を誓ったことに由来するのです。つまりホワイトデーにあたる3月14日というのは、そもそも恋人同士が愛を確認し合う日だったのです。

そこに、たまたま日本のキャンディーの起源というのが3月14日の前後だったことから、バレンタインのお返しとしてマシュマロやキャンディーを配る日として重ね合わされ、その日がホワイトデーとなったのです。

 

いかがでしたか? たしかに、女性が男性に告白をするバレンタインデーがあるなら、その返事(お返し)としてのホワイトデーがあってもいいのですが、せっかくこんないいエピソードに彩られた記念日なのですから、女性のほうでもうまく利用したいですよね。

バレンタインデーのときに気になるカレにアタックできなかったひとも、バレンタインデーに告白はしたけれど、さらに念押ししたいひとも、「チョコのお返しは?」とひたすら待つよりも、改めてホワイトデーに積極的にカレに気持ちを伝えてはどうでしょうか。カレからすると意外性もあってインパクトも大きいはず、きっと効果バツグンですよ。

 

【ホワイトデー】

※ 感染症の専門家「ホワイトデーのキスは病気になる」と警告

※ 半数の男性は「義理チョコを全員に返さない」ことが判明

※ 残念な「ホワイトデーのお返し」ワースト10

 女性必見!ホワイトデーに●●をもらうと幸せになることが判明!?

※ 山田優に続け!「入籍日」を決める時に役立つヒント5つ

 

【参考】

※ ホワイトデー公式サイト – 全国飴菓子工業協同組合

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング