勘違い男撃退マニュアル・気を付けるべき女性の言動10【1/3】

Menjoy / 2013年4月15日 18時0分

 

飲み会や合コンに行ったとき、好きでもない男性に「この子、オレに好意があるかも」なんて勘違いされてしまったら、やってられないですよね。そこで今回は、そういうことを毎晩計算しつつ、いろいろな男性客と談笑しているキャバ嬢・綾香さんに、“好きでもない男性に変な勘違いさせないために”女性が気をつけるべきポイントをご紹介いただきす。

以下のような言動が板に付けば、どこの飲み会に参加しても、マイペースに楽しめるかもしれません。さっそく見ていきましょう。

 

■1:彼氏がいることをどことなくわかるように言う

「鉄板の言い方は“みんなでキャンプに行ったとき”とか“週末飲みに行ったら”みたいな言い方です。これを言えば、男性は“みんなとではないな”とか、“週末に飲みに行くのだから相手は彼氏かな?”とか、なんとなく彼氏ありの女性と思ってくれます」

なるほど。女子会が大流行りの世の中ですが、毎回女子どうしで遊ぶわけではないということを、男性も勘づくんでしょうね。

 

■2:薬指に指輪をしておく

「一般的には“右手の薬指に指輪をしておくと彼氏あり”と、世間では言われていますよね。飲み会に行って“付き合ってよ/イヤだ”という不毛な議論を男性としたくないのであれば、薬指に指輪をつけておきましょう」

これはわりと便利なテクニックですよね。

 

■3:恋の話になると「絶対いい人がいるよ」と他人事にしてしまう

「男性の口説き方ってわりとわかりやすいもので、“彼女がいないんだよね”とか“最近寂しいんだよね”とか、ほぼこういうパターンできます。そういうときには変に同情することなく、“●●君だったら、絶対にいい人が出てくるよ”と他人事のように言ってしまえばいいのです」

それでもしつこく口説いてくるのが、キャバクラのお客さんです。そういう男性には以下のようなコメントをすればいいと綾香さん。

 

■4:「お兄ちゃん(弟)みたい」などと兄弟扱いする

「面倒な男性を遠くに突き放すのではなく、ぐっと近くに引き寄せてしまえばいいということです。“お兄ちゃんみたいだね!”とか、“かわいい弟みたい!”と男性に言ってしまえば、それはもう“男”として見ていないことを意味するわけですから、男性はそれ以上口説いてこられなくなります」

 

いかがでしたか? 毎晩、言い寄ってくるたくさんの男性の相手をしている現役キャバ嬢だけあって、知恵のある言動が出てきましたね。次回は、肉食男子であっても思わず心が折れてしまう強力テクをご紹介したいと思います。お楽しみに!

 

【勘違いシリーズ】

※ マジメな彼氏を遊び人に見せちゃうNGファッション6つ【後編】

※ えっ!そんなトコに…男が萌える「女性の部分フェチ」5つ

※ 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【1/3】

※ 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【2/3】

※ 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【3/3】

 

【取材協力】

※ 綾香・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20歳にして店のナンバー2であるチイママに抜擢される。昼間は大学生として幼稚園の先生になる勉強をしている。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング