恋愛カウンセラー直伝!男が離れられなくなっちゃう「いいオンナ」の条件4つ

Menjoy / 2013年4月26日 21時0分

イタリア・フィレンツェで活躍されている恋愛カウンセラーのマリアグラツィア・アモローゾ先生に、彼に「コイツは絶対に放したくない!」と思わせる”いいオンナ”の条件を聞きました!

前回の彼に「コイツは絶対に放したくない!」と思わせる方法3つも参考に、”いいオンナ”度をぐんぐんUPさせちゃいましょう!

■けんかしても仲直りできるオンナ

[一緒にいる以上、けんかしてしまうことはありえることです。そこで、うまく仲直りできるかどうかが、“ずっと放したくない女”になるかどうかの境目になります。

うまく仲直りできるきっかけが作れる女の力量は、とても評価されるもの。なぜなら、男性はもともとプライドが高い生き物なので、自分からはなかなか謝るきっかけが作れない、ということがあるからです。

また男性は、一般的に感情をうまく表現することが苦手です。そういう苦手な部分をうまく補ってあげられると、男性の好評価につながります」

けんかをして嫌な気持ちになるのは、誰でも同じもの。そして、なかなかうまく仲直りできない、ということも誰にでもあります。それを次の日に持ち越してしまうと、どんどん気まずくなっていってしまいますよね。ここは、その日のうちに仲直りしてしまいましょう! 

女性は、感情的になりやすいため、言い過ぎてしまうこともあるでしょう。でも、「言い過ぎたみたい。ごめんね」とかわいく謝れる力量が、あなたが他の女性に差をつけるキーポイントになると言えそうです。

 

■彼の周りの人の悪口を言わないオンナ

「女性は、人のうわさ話をするのが大好きです。そして、ついつい人の悪口を言ってしまうこともありますね。いずれにせよ、これは、コミュニケーション能力が発達している女性の特徴でもあります。

ただ、女性にとって、人の批判や悪口は大したことなくても、男性にとっては、なんでそんなこと、と思われることも多々あることを覚えておいておいたほうがいいでしょう。悪口を聞いていると、気分が悪くなるもの。そして、そういう女性は、美しく見えません。

もっとやっかいなのは、彼の周りの人の悪口を言うこと。彼の家族、友達、同僚などですね。男性は、自分の周りの人たちが悪く言われるのは好みません。

彼が、自分の家族の愚痴などを言ったら、そうよね、気持ちはよくわかるわ、など、彼に同情してあげるといいでしょう。ただ、自分から率先して悪口を言うのは避けたほうがいいです。彼の周りの人たちを尊重し、大切にできるあなたは、彼の目にとても魅力的に映るはずです」

悪口を言うのは簡単です。そこをうまく抑えることができるようになるといいですね。最初はなかなか意識しないと難しそうですが、彼の交友関係を好意的にみていくと、ポジティブな言葉が出てくるのではないでしょうか。

 

■彼の前で笑顔になれるオンナ

「毎日仕事をがんばっている男性にとって、女性の笑顔は心のやすらぎになります。女性も忙しくて大変ですが、彼が大変な時に、“私だって忙しいんだから!”ときつく言う女性は、彼にとって男性と変わりません。女性は、男性の心のオアシスになれる女性こそ、男性がいつまでも放したくない、かけがえのない存在だ、と実感させることができるのです」

現代の女性は、忙しく、ストレスも並大抵ではありません。そんな時にこそ、彼にとってやすらぐことができる存在になれば、彼はいつもあなたのもとに帰ってきたいと思い、あなたのもとから心が離れることはなくなるのでしょうね。

 

■彼と一緒に楽しむことができるオンナ

「楽しいことを共有できるというのは、とても大切なことです。素敵な時間を共有できるだけでなく、楽しいという気持ちを共有できるということは、相手にとってかけがえのない存在になります」

女性のみなさんは、一般的にスポーツ観戦やツーリングなどには、あまり興味がないかもしれませんが、こういう男性が好きなものにすすんで興味を示すことができ、一緒に楽しむことができるというのは、その男性にとって大きな魅力になることでしょう。そして、「もっと一緒にいたい、放したくない!」と強く思わせることができるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか? 今日からの少しの心がけで、大きく変わってくるはず! これであなたも、彼にとって“放したくない女”の地位を保ち続けられそうですね。

 

【いいオンナ度を上げる関連記事】

※ 「第一印象から愛される女になる秘訣」が心理学で明らかに

※ 「私はあなたがいないとダメ」思わせることがモテの秘訣!?

※ もう遊ばれない!チャラ男が「本気になる女」の特徴8個【1/3】

※ 真面目な男性が「思わず声をかけたくなる女性」の特徴9つ【前編】

 

【取材協力】

※ マリアグラツィア・アモローゾ・・・イタリア・フィレンツェ大学心理学部卒業。フィレンツェ市福祉会館で、児童心 理カウンセラーを務めていたが、児童の心理トラブルの原因は家庭内、しかも両親の夫婦関係に関係することが多くあることに注目し、家庭内における夫婦関係 の改善について研究するようになる。その的確なアドバイスが注目を浴び、現在恋愛カウンセラーとして活躍している。

 

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング