エロさ満点?カラオケで「ものすごくモテる」女性の特徴5選

Menjoy / 2013年5月12日 17時0分

 

5月に入り、大学生であれば飲み会の回数も増えてくるころかと思います。今回はカラオケのあるキャバクラで歌がすごくうまいと評判の、女子大生キャバ嬢・綾香さんに、どんなことを意識すれば、カラオケで男性にモテるのかについてインタビューしてきました。

採点つきのカラオケで100点満点を何回もとっている綾香さんは、うまいだけでなく、以下のことを実践しつつ、カラオケを武器に着々とお客さんの数を増やしています。

さっそく見ていきましょう。

 

■1:ものすごく歌がうまい

「これは定番ですが、ものすごく歌がうまいと、男性はその女性を指名しにかかります。歌がうまいと、なぜモテるのか、心理学者に理由を聞いてみたいくらいです。

じぶんの十八番の歌を1曲持っておくといいと思います」

たしかに。下手な歌を聞かされてはお酒が進みませんもんね。

 

■2:相手の世代に合わせた歌を歌う

「これもキャバクラでは定番です。お客さんが50代とか60代であれば、たとえば『天城越え』を歌います。男性が若い頃に聴いていたであろう曲や、思春期の頃に流行っていた歌をセレクトすると、男性はおおいに心を開きます」

綾香さんによると「若いのによく知っているね」と男性に言われ「いえ……練習してるんです」と言えば、さらに男性は喜ぶそうです。

 

■3:オーバーアクションで笑いを誘う

「たとえば2で例を挙げた『天城越え』であれば、こぶしをまわす歌い方に特徴がある歌ですから、こぶしまわしをオーバーにやって、笑いを誘うというようなことです。

歌で笑いをとるのは、難しいかもしれませんが、一番笑いをとりやすいのは、オーバーアクションではないかと思います」

なるほど。ものまね芸人さんも、真似をする対象者の特徴をオーバーに表現しますもんね。

 

■4:歌詞が「あなたが好き」系の歌を選ぶ

「カラオケって、他人の歌を聴いていないように見えて、実は、日本語の歌詞は、多くの人がそれとなく聞いています。

歌を通して「好きよ」と言えば、男性は萌えるということでしょう」

朝の目覚ましの音楽は、日本語の歌詞の歌を選ぶといいという実験結果があります。無意識であっても、日本語の歌詞を人は“聞こうとする”から、脳が目覚めやすいのだそうです。

 

■5:高音域が普段聞かない声である

「高い声が出ない人は1つ下げて歌ってもいいと思いますが、下げるポイントは、その歌の高音域がちゃんと歌えるかどうかです。

高音域を歌うとき、ふだん聞かない声が“思わず出ちゃった”というような状況にしてしまえば、男性は嬉しがります」

なるほど。“女性の新しい一面”に男性は弱いということでしょうか。

 

いかがでしたか? 

カラオケは、うまい/下手もありますが、下手な女性でも使えるテクニックもありましたよね。是非、ご紹介したテクニックを使ってみて“カラオケ美人”を目指してみてはいかがでしょうか。

 

【カリスマキャバ嬢に学べシリーズ】

※ 元キャバ嬢直伝!美人じゃなくても「モテる」メールテク

※ 元人気キャバ嬢直伝!草食系男子と結婚する為のヒント

※  彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【1/3】

※  彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【2/3】

※  彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【3/3】

 

【取材協力】

※ 綾香・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20歳にして店のナンバー2であるチイママに抜擢される。昼間は大学生として幼稚園の先生になる勉強をしている。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング