心理学で分類!器が小さい「小鉢男」の6パターン【後編】

Menjoy / 2013年5月24日 19時1分

怒りやすい、テンパりやすい等々、「器が小さいなあ」とため息をつかざるを得ないような男性、あなたの身の回りにもいませんか?

今回も【前編】に引き続き、そんな器の小さな“小鉢男子”たちを可愛らしい動物キャラに例えてわかりやすく解説したポーポー・ポロダクションさんの著書『「器が小さい人」から抜け出す心理学』を参考に、さらに3タイプの“器の小さい人の特徴”について、うまく付き合う方法とともに、チェックしていきましょう。

 

■4:手を抜いて楽をしたい人

4後

“手を抜いて楽をしたい人”の中でも、とくに“人の話を聞かない”タイプの人が、最近増加傾向にあるとのこと。根拠のない思い込みで物事を進めてしまい、他人のアドバイスを受け入れないタイプです。道で人が倒れていてもスルーしてしまう人など、自分がやらなくても誰かがやってくれると他人にまかせてしまいがち人もな含まれます。

他者の感情に触れて、自分の感情との間で、折り合いを付けていく作業自体を、めんどくさいと感じて、そこを省いて自分ひとりで完結したいというタイプが増えてきたのかもしれません。

いくらストレスに感じても、社会に所属している以上、最低限の協調性が必要になってきます。規則正しい生活を送り、泣ける映画を観ておもいっきり泣くだけでも共感能力が高まるとのことなので、一緒に泣ける映画を観るのもお勧めです。

 

■5:良く見られたい気持ちが強い人(自己評価の低い人)

5後

良く見られたい人の中でも、とくに自己評価が低い人は、他人の顔色を過剰に伺う傾向があるようです。ついつい自慢話をしてしまう人や、見栄を張りたいがためにブランド品を集める人、人前で猫をかぶってしまう人……みんな、“ありのままの自分”では、受け入れられないかもしれないという恐怖を抱えているようです。

そのような傾向があると、だんだんストレスが溜まって生きにくくなってしまいそうですが、人によっては、はったりに見合った自分になるように、“有言実行”を目指して影で努力をする人もいるので、成功にもつながる場合もあるようです。

逆に考えると、成功者の中にも、上記のような闇を抱えた人物が潜んでいそうですね。なるべく、素の部分を受け入れてあげるようなメッセージを日々送っていれば、自己評価も上がってゆきそうです。

 

■6:良く見られたい気持ちが強い人(自己評価の高い人)

6後

良く見られたい人の中でも、とくに自己評価の高い人は、他人からの賞賛を求める傾向があるようです。自分は特別な何かを持っていると思っている、俗に言う中二病のようなナルシストや、学歴や肩書き、家柄で人を判断するエリート志向の人もこのタイプにあたるとのこと。

ある種の“選民意識”を感じることに快感を覚えるタイプでしょうか? 他人からの評価より、自己評価のほうが高く、はったりや自慢でその差を埋めて、自分の凄さを認めさせたい傾向がありそうですね。良く言えばポジティブなタイプなので、好きな男性がこのタイプだった場合は、上手に褒めれば、手の平の上で転がしやすいタイプかもしれませんね。

 

いかがでしたか? どうやら“器の小ささ”は、生まれつきの脳のタイプや、繊細さなどの性質から来ているようですね。程度問題ではありますが、もし許容できる範囲であれば、相手の心の繊細さに寄り添ってサポートしてあげれば、うまく付き合えるかもしれませんね。

でも、あまりにも相手の男性の“器が小さい”傾向が強い場合は、以前『Menjoy!』で取り上げた「「一見いい人」に要注意!DV夫に変貌しかねない男の特徴5つ【前編】」という記事に通じる“危険な落とし穴”にはまってしまう可能性もあるので、気をつけましょう!

 

【ダメ男シリーズ】

※ 心理学で分類!器が小さい「小鉢男」の6パターン【前編】

※ 要注意!男性は「お酒の力で魅力的になれる」と信じている

※ やっぱり?「男女の友情は成立しない」心理学的な理由

今はダメンズだけど「いずれ直るかもしれない」男の特徴7【前編】

今はダメンズだけど「いずれ直るかもしれない」男の特徴7【後編】

 

 

【取材協力】

ポーポー・ポロダクション・・・ 色彩心理、恋愛心理学、デザイン心理などに関する書籍を数多く執筆する企画事務所。雑誌『anan』では定期的に特集で恋愛心理の解説なども手がける。代表書籍に『使うための心理学』(PHP研究所)、『マンガでわかる色のおもしろ心理学』、『マンガでわかる恋愛心理学』(ソフトバンク・クリエイティブ)などがある。著書は日本だけでなく中国、韓国、台湾、タイでも翻訳され、中国ではベストセラー書になっている。ホームページ http://www.paw-p.com/

 

【参考】

※ 器が小さい商事ウェブサイト

※ ポーポー・ポロダクション(2013)『「器が小さい人」から抜け出す心理学』 (PHP研究所)

 今日から使える!  「器が小さい人」から抜け出す心理学

 

【イラスト】

by ポーポー・ポロダクション

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング