なるほど!同性に嫌われずに男子にモテるテクニック4つ

Menjoy / 2013年5月24日 17時0分

『gooランキング』によると「同性から嫌われる女性にありがちなことランキング」1位は“男性の前で態度が変わる”ことだそうです。多くの女性は、表に出すにしろ出さないにしろ“嫉妬”という感情に敏感なので、同性受けの悪さとモテは密接に繋がっていそうですね。

しかし世の中には、男性にもモテつつ、同性の心の動きにも賢く気をくばって好感度を上げる、パーフェクトな女の子も少なくなりません。

そこで今回は、元モデルでガールズライフアドバイザーとしても活動する田口麻衣子さんに、“異性にモテるのに同性にも嫌われない女子の特徴”について、伺ってみました。

 

■1:あの子は確かにモテる、という認知をつくる

「モテ要素が女子からみてほとんどないのに、なぜか男性にモテる女性は、嫉妬の対象になりやすいです。女子からみても納得のモテ要素がある女子は、まあ、彼女なら当然よね、となって嫉妬の対象からははずれやすくなります。女子が納得するモテ要素作りが肝心。

めちゃくちゃ美女とか、すんごい褒め上手とか、あの子にはかなわないわ、というところまで極めてしまえば誰にも嫉妬はされません」

確かに、“クラスで10番目位の容姿でスタイルも普通っぽいのに、なぜかモテる女の子”は、女性の反感を買いがちですが、学校いちの美女や、抜きん出た才能のある女性は、同性の“信者”も多いものです。男性に評価されているポイントを、惜しげなく女友達にも繰り出せば「あれはモテるね、かなわないね」と、納得してもらえるかもしれません。

 

■2:媚でモテない。自然な可愛げでモテる

「同性の目は鋭いので、計算でモテようとしての可愛らしさ演出はすぐ見抜かれ、オトコに媚びてる! と批判の的になりがち。可愛らしさは計算や演出ではなく、あくまで自然に出てくるものでないといけません。つまりは男性の前だけで可愛げを見せない事。女友達の前だろうが家族の前だろうが、いついかなる時も可愛らしさを保ち続ければ、オトコの前で態度が変わる女、とは言われません」

女性はぶりっこに厳しいものですよね。もし“媚びているつもりはないけれど、男性の前では緊張して良い子になってしまう”ような傾向があるようでしたら、女性の前でも、あまり崩した態度をとらずに、控えめにお行儀良くするように心がければ、“媚びている”ではなく“ああいう性格の子”として認知してもらえそうですね。

 

■3:男性の事を悪く言わない

「男性たちの前ではにこやかに振る舞いながら、女子だけになったら、先ほどまでと打って変わってその男性たちを批判する……ということをしていると、先ほどと同様、オトコの前で態度が変わる女のレッテルまっしぐらです。

自分を大切にしてくれる男性たちには感謝の心で接し、その男性がいない場面でもその人をたてるなら、彼女は気立てが良いし、モテて当然よね、となります」

裏表が激しいことがバレてしまえば、男女共に嫌われてしまいますね。ホンネと建前は大人に付き物ではありますが、陰口はほぼ本人にバレるもの、と考えて、あまり品のない悪口は控えたほうが良さそうですね。

 

■4:それでもモテる女が嫌いな人もいます

「自分が持っていないものを持っている人に、悪い感情をもつ人も残念ながらいます。そういう人からは嫌われてもいいと割り切ること。そういう方は、同性からみても異性からみても魅力的ではなく、その方に嫌われたとしてもなんのダメージもありません。

誰の前でも態度が同じで、人を批判せず受け入れる女性がモテる姿は、同性からみても納得だし、ウキウキすることです。女磨きは内面からです」

もし嫉妬だけで人を批判するような女性がいたら、きっと心の中が不安定な気の毒な人だ……と思って、同じ土俵に立たずに華麗に受け流せるスルー力を持てば、無敵かもしれません。

女子高などで同性に憧れるのはままあることですが、同性であれ異性であれ、ブレない魅力を持った人には、男女関係なく惹かれてしまうものですよね。

 

いかがでしたか? 「同性に嫌われてもモテるほうがいいから、同性受けの悪さを受け入れる」と言うのも、極めれば立派なポリシーですが、女子同士の“カースト”やグループ作りが盛んな学生時代や、女の多い職場では、相当タフな精神を持っていないと辛くなってしまいそうですね。

そんな時、ちょっとだけ自分の行動を客観的に見直してみて、“異性受け”だけではなく“同性受け”という武器を身につければ、さらに交友関係が広がって、ステキな男性と出会う機会も増えるかも?

 

【男受けシリーズ】

超あざとい!ぶりっこするより効果抜群な「モテ仕草」6つ

今すぐ使える!フェチな男心をくすぐる脚線美しぐさ4つ

彼がキュンキュン萌えまくる最強の「脚線美しぐさ」5つ

男性が「あざといけど超可愛い!」と喜ぶ女性の仕草5つ

 

【取材協力】

田口麻衣子・・・愛知県出身。都内某女子大在学中、CM・美容モデルとして活動。職業柄ヘアメイク、ネイルなどに興味を持ち、ブライダルヘアメイク・ネイリストとしても活動経験あり。また自身の数々の恋愛における失敗を踏み台に、現在は金融系OLの傍ら女性のハッピーオーラで日本を元気にすべく、ガールズライフアドバイザーとして活動中。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング