なんと「夫より妻のほうが稼ぐ夫婦は不健康」になると判明

Menjoy / 2013年6月3日 19時30分

夫婦共働きだと、夫か妻のどちらかが多く稼ぐことになりますよね。そんな収入の差ですが、セントルイスにあるワシントン大学のラマー・ピアース氏らの研究によれば、妻のほうが夫よりも稼ぐ夫婦では、どちらも不健康になってしまうということがわかりました。

いったいどういうことか、紹介します。

 

■妻の収入が与える影響

ピアース氏らは、1997年から2006年までの、デンマーク国民の収入や薬剤の処方データを用いて調査をおこないました。

そのなかで、25歳から49歳の共働き夫婦、およそ57万組のデータを分析したところ、妻のほうが夫よりも収入が高い夫婦において、男性では性的能力の低下が、女性では不安や不眠のなどの精神的不安がみられることが明らかになったんです。しかもそれは、年間でわずか500ドル違うだけでも影響があったんです。

ですがその一方で、結婚前から女性が男性よりも稼いでいる場合、同棲している場合には、不健康に影響はありませんでした。つまり、結婚後の収入差が、何らかの心理的なストレスになって、男性では性的能力という身体的な部分に、女性では不安という心的な部分に影響があらわれたと考えられます。

 

いかがですか。どちらが稼いでもいいじゃないかという気がするのですが、やはり社会からの男女に対する役割期待が、男性のほうが女性よりも収入が多いことを期待しているため、その影響を知らず知らずのうちに受けてしまうのかもしれません。

結婚前から女性のほうが稼いでる場合には関係ないようなので、これから結婚という女性のみなさんは、今のうちにしっかり昇給しておきましょうね。

 

【結婚とお金】

※ 「彼が無収入になったら別れる女性」は21%もいると判明

※ 貧乏は今だけ!? 将来お金持ちになれる男性の口癖5つ

 超意外!平成生まれと結婚すると「貧乏生活」間違いなし!?

※ 結局そこ!? 最終的に結婚する相手は「いつも●●にいる人」と判明

※ ●●万円ならOK!? 「結婚相手に求める最低年収」が調査で判明

 

【参考】

※ Lamar Pierceら(2013)「In Sickness and in Wealth Psychological and Sexual Costs of Income Comparison in Marriage」(「Personality and Social Psychology Bulletin」)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング