彼との距離も一気に接近!カップルが「心を共振させる」瞬間4つ

Menjoy / 2013年8月8日 18時0分

気になる彼と、この夏のあいだにもっと仲良くなりたい!距離をもっと縮めたい!とお考えの女性のみなさん。今回は彼があなたと一緒に“心を震わせるシチュエーション”を4つご紹介します。

大好きな彼と“心が震える体験”を共有することで、ふたりの距離を一気に縮めて、最高の夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

お話いただいたのは、数々の恋愛を取材しているフリーライターの池田園子さんです。さっそく見ていきましょう。

 

■1:2人で懐かしい曲を聴いたとき

「懐かしい曲を車のなかで一緒に聞くとか、カラオケで歌うことで、カップルはおなじように心を震わせることができますよね。

もちろん、育ってきた環境が違うふたりが出会って恋しているわけですから、ある曲を聴いて、まったくおなじように心を震わせるとは言い切れません。でも、歌というのは中高生時代の思い出とセットで存在していることも多いので、懐かしい曲はどんどんふたりで聴くといいのではないでしょうか」

歌が見せてくれる“恋の最大公約数”的な雰囲気って、恋愛の武器になりますもんね。

 

■2:デキ婚を親に報告したら2人揃って説教されたとき

「私が取材をしていておもしろかったのが、このエピソードです。大阪のおもしろいおばちゃんのような母親に、“あんたたち、犬やネコじゃないんだから、デキ婚ってどういうことよ”みたいに、カップル揃ってズケズケと説教をされたときは、ふたりとも“ヤベっ”と思ったとたん、不思議と一緒に心を震わせられたようです」

なかなか愉快なご家族のようで、こちらのカップルは幸せに結婚し、親とも円満にやっているとのことでした。

 

■3:大雨の音を2人で黙って聞いているとき

「ベッドのなかでふたりで黙って大雨の音を聞いているうちに、たまらなくロマンチックな雰囲気になったというエピソードもあります」

上記の■1と同様に“切ない気持ち”って、わりとカップルをつなぐ“鎹(かすがい)”になるということでしょう。ふたりでいるときに大雨が降ってきたら、おしゃべりはやめてじっと耳を傾けてみましょう。

 

■4:「結婚しよ!」と言われたとき

「“いつかは彼と(彼女と)結婚したい”と考えているカップルであれば、“結婚しよ!”のひと言で、一気におなじ景色を見せてくれます。これも最高に心を震わせられる瞬間ですよね」

トレンディ・ドラマのようにロマンチックなご意見かと思いますが、たしかにおっしゃるとおりでしょう。なんといってもプロポーズの瞬間は、お互いに最高のドキドキを感じられるタイミングですね。

 

いかがでしたか? 今回、池田さんにご紹介いただいたエピソードは、ざっくりと“切なさ”というキーワードでくくれるかもしれません。

夜風が涼しくなる切ない晩夏に、カップルで“切なくなること”を一緒にやって、一緒に心を共振させてみたら、彼がたまらなくなって“結婚しよ!”と、言ってくるかもしれませんよ。ぜひお試しください!

 

【関連記事】

※ 思わずムラムラきちゃう!男を翻弄する女の仕草【合コン編】

※ やめてハート泥棒!電車で一目惚れしそうになる女の子の仕草5つ

※ 22時以降にやると「男性がすごく喜ぶ」女性のしぐさ4選

※ 男性が「可愛すぎる!」と喜ぶ女性の萌えしぐさ9パターン

※ 今すぐ使える!フェチな男心をくすぐる脚線美しぐさ4つ

 

【取材協力】

※ 池田園子(いけだ・そのこ)・・・フリーランスの企画ライター/ディレクター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、リアルワールドでメディア運営を経て独立。現 在10以上のWeb媒体に執筆中。2011年春に恋愛コラムでライターデビュー。以降“Web男子”“エディター男子”“ドリル男子”“芝生男子”などの、さまざまな新ジャンルの男子カテゴリを生み出して話題に。2012年11月にフリーランスの働き方をテーマにした『フリーランスで食っていきたい!』 を出版。Twitterは@sonoko0511。ブログは『Sonoko Blog』 

 

【参考】

※ 池田園子(2012)『フリーランスで食っていきたい!』(ぱる出版)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング