「出会いがない」とボヤいてないで!恋のチャンスを引き寄せる方法

Menjoy / 2013年8月9日 18時5分

Menjoy

夏真っただ中。出会いの場を増やそうと、知り合い経由のBBQや家飲みに参加しても、さっぱり出会いにつながらない。空振りが続きっぱなしで、もう戦意が萎えてきた……という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、これまで数々の女性の悩みを解決してきた恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士の著書『モテの定理』から、“出会いを引き寄せるための簡単な方法”についてお伝えいたします。ちっとも出会いがないとぼやいているあなた、ぜひチェックしてください!

 

■いつもの自分と違う行動をとってみる

あなたが今、なかなか出会いがないと思っているとしたら、その原因はこれまでのあなたの行動パターンにあるはずです。

人は、これまでの言動が現在の自分を形づくるもの。ぐっどうぃる博士によれば、新たな出会いをゲットするには、従来の自分とは全く違う行動をとる“ランダムウォークな考え方”をする必要がある、とのこと。

<ランダムウォークとは、もともとは物理学・数学用語で「今がうまくいってないなら、全く違う行動をとったほうが成功につながる」という考え方。たとえばこれまで断っていた友達の誘いを断らないようにするなど>

ちなみに、“断らない”ことによるランダムウォークの実践には、ジム・キャリー主演の映画『イエスマン “YES” は人生のパスワード』がヒントになるのだとか。友達のお誘いをついつい断っちゃうという方は、ご覧いただくのをおすすめします。

 

■“市場”を見直してみる

ぐっどうぃる博士がとあるモテない女性の相談にのったところ、彼女は日本では全く男性にモテないのに、韓国ではなぜかモテると主張したそうです。博士がその原因を追究したところ、ヒントは“市場”にありました。

<彼女は、日本では「隙のない、男勝りの営業ウーマン」。でも、韓国に行けば、言葉がおぼつかない、電車に乗るのもままならない、携帯電話の使い方さえわからない女性に変わっていたのです>

そんな彼女は、精神的マッチョな韓国人男性たちからすれば、隙のあるかわいらしい女性と映ったのでしょう。市場を日本から韓国にダイナミックに変えたことで、いつもとは全く違う行動をとるようになり、それが結果的に出会いとモテにつながったと考えられます。ちょっと極端な例でしたが、このくらい振り幅を変えることが大切という見本ですね。

 

いかがでしたか? 人の人生においてモテ期は3回訪れると言われています。出会いやモテを引き寄せるためには、いつもの自分の枠の“外側”に一歩出てみること、そして自分を欲してくれる“市場”を探ってみること。

今や何が成功につながるかわからない時代です。なんとなく “今、追い込まれている感” がある方は、だまされたと思って、ぜひトライしてみてください。

 

【関連記事】

第一印象をよくして「出会いのチャンスを増やす」ためのポイント7つ

独女必読!男女でまるでちがう婚活の考え方と理想とは

出会い期待あり!ハイスペック男子を狙うなら「ソーシャル婚活」を

話を合わせて心をつかめ!男性ウケが良い“女性の趣味”ベスト5

左を見るのは●●系!デキる男を見抜く意外な方法

 

【参考】

※ぐっどうぃる博士(2013)『モテの定理』(ソフトバンククリエイティブ)

【送料無料】モテの定理 [ ぐっどうぃる博士 ]

【送料無料】モテの定理 [ ぐっどうぃる博士 ]
価格:1,680円(税込、送料込)

 

【画像】

by:bdogggut34

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング