女子のハートを鷲づかみ!いま大注目の「ミズタク男子」の特徴3つ

Menjoy / 2013年8月25日 8時0分

「顔がカッコイイに勝ることなし!」「いくら顔が良くても、中身が優しくないと……」という面食い女子V.S.中身重視女子の普遍的な争いについに終止符が!? 現在、話題沸騰中の“ミズタク”男子をご存知でしょうか?

“ミズタク”とは、大人気となっているNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、能年玲奈さん演じる主人公・天野アキのマネージャーをつとめる水口琢磨(みずぐちたくま)の略称で、なんともふわふわとしたその独特なキャラクターが、いま世の女性たちのハートを鷲づかみにしているというのです。

松田龍平さんが演じているのだから当たり前だって!? いえいえ、その見た目はお洒落に着飾るといった華やかさとは無縁。いつも似たようなスーツを身にまとっているかと思えば、パジャマのまま頭を掻いている姿も披露。ではいったい、どんなところがそんな“萌え”を誘っているのか……。

今日は、実際に放送されているドラマを参考に、その魅力的な特徴について考察していきましょう。

 

■1:お洒落過ぎない“素朴さ”

眼鏡が似合う文系な見た目が、なんとも特徴的なミズタクさん。ちょっぴり中性的とも言える独特な振る舞いが、「素朴でカッコイイ!」と大好評です。なんと言いましょうか……あの「グレーが似合う」感じが好きな女性って、なぜか多いですよね。

無理をして雑誌の真似をするよりも、あくまで自然で、かつパッと見ただけで“それなりに働ける人”であることがわかるのが、好印象の理由と言えるのではないでしょうか。

 

■2:ざっくりと全てが“低い”

次に、職業柄というのもあるかもしれませんが、いわゆる“低姿勢・低依存・低リスク”の三低男子に属するのでは? という見方も。基本的にはどんなことにも低めのテンションで臨み、その結果、スルスルと脇道を歩いて世を渡って行けちゃうタイプと言えるでしょう。

劇中でもその要素は満載で、どんな時もポリポリと頭を掻きながら、しれっと乗り切ってしまう姿が非常に印象的です。

 

■3:時折見せる真っ直ぐな“情熱”

そして最後に、ココが最大のポイント! 基本的に温度が低めのハートが、時折情熱的に燃えたぎって見える姿に、ググッと心掴まれる女子が多いのではないでしょうか。

具体的には、それまでずっと自分の意思よりも会社の意思を尊重してきたミズタクさんが、「ここ数日君のことを考えてる」「誰がなんといおうと、君の代わりは君しかいないんだよ」と、主人公のアキに熱烈なラブコール留守電を入れるシーンに、萌え死にそうだと叫ぶ人が続出したとか。どんな時でもプラスに働くギャップが、女性の心を揺さぶるということなのでしょう。

 

いかがでしたか? 今までついついスルーしてきた男性の中にも、実は密かに“ミズタク”男子が潜んでいたかも……!? ぜひ改めて身の回りの異性をチェックしてみてくださいね。

 

【関連リンク】

※ ちょっと変な人!? 人気ドラマ俳優に見る「イマドキ好感度男」の特徴3つ

※ ギャップにオヤジ…上半期ドラマ人気女優に学ぶ「モテの秘訣」

※ 映画好きはモテる?彼と2人でバーチャル映画祭に参加してみよう!

※ 話を合わせて心をつかめ!男性ウケが良い“女性の趣味”ベスト5

※ 心のデトックス!満島ひかりの背中が語る「女性の生きる道」とは?

 

【参考】

NHK朝の連続テレビドラマ小説『あまちゃん』公式ホームページ

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング