なんと!ついに「男の浮気心をおさえる薬」が登場するかも

Menjoy / 2013年8月29日 19時0分

恋人が、自分以外の男性と食事に出かけたり、飲みに行ったりするのは嫌ですよね。まして、手をつないでいたり、キスしていたら、これはもう許せません。

これまで『Menjoy!』では、浮気に関する記事をいくつも紹介してきました(「どこからアウト?男性と女性では「浮気のラインが異なる」と発覚」など)が、そんな困った“男の浮気”を薬を使ってやめさせることができるかも、という驚きの事実が、早稲田大学の渡部幹氏らの研究によってわかりました。

彼氏が浮気性で悩んでいるという女性には朗報なこの研究、詳しく紹介します。

 

■ついに“浮気をおさえる薬”が現実に?

この研究は、肺炎などで処方される抗生物質の“ミノサイクリン”を使うと、社会的な不適応行動を抑制することができるという動物実験での結果をもとに、おこなわれました。

男性98名を、4日間ミノサイクリンを投与するグループと偽薬を投与するグループにわけ、5日目に実験をおこなったのです。その内容は、女性の顔写真をいくつか見せ、その女性にお金を預けるという“信頼ゲーム”をするというものでした。

“信頼ゲーム”とは、預けた金額の3倍が女性に渡され、それを自分のものにするか、男性と平等にわけることができるというものです。なお、この実験に顔写真を提供した女子学生は、みんな自分のものにすると回答していました。

実験の結果ですが、偽薬のグループは、魅力的な女性ほど多くの金額を預けてしまうことがわかりました。その一方で、ミノサイクリンのグループは女性の魅力に影響されないことがわかったのです。

つまり、これを浮気で考えてみると、ミノサイクリンを投与されることで理性が働き、いくら魅力的な女性に誘惑されてもついて行かない、浮気しないという可能性があるのです。

 

いかがですか? 残念ながらミノサイクリンによる浮気防止薬は、まだまだ実用化のめどは立っていません。ですが、実用化されれば、もう彼氏の浮気で悩むということはなくなって、安心してラブラブな関係が築けるかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ この裏切り者!浮気者男子が多そうなチャラい大学トップ5

※ 浮気している彼氏がやりがちな「彼女への冷たい行動」2つ

※ この男ならひと安心?「浮気しにくい男性」の見抜き方3つ

※ 日本人の浮気率が調査で発覚!最もヤバい出会いの場は●●だった

 

【参考】

※ 渡辺幹(2012)「ミノサイクリンによるハニートラップ効果の抑制」(日本社会心理学会)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング