ジャニーズとAKBが初タッグを組むドラマに潜むバクダンとは?

メンズサイゾー / 2012年3月1日 20時0分

写真

 4月から始まる日本テレビ系深夜ドラマ『私立バカレア高校』で、ジャニーズJr.とAKB48が共演することが発表された。このドラマは秋元康が原作を手掛け、不良ばかりがいる「馬鹿田高校」と学業優秀なお嬢様学校である「第一カトレア学園」が合併した「私立バカレア高校」を舞台に青春物語が繰り広げられるというもの。ドラマには、ジャニーズJr.からは森本慎太郎、松村北斗、京本大我ら6人とAKB48側から島崎遥香、大場美奈、島田晴香らチーム4のメンバーと研究生らの6人が出演することが決定している。

 ジャニーズJr.とAKB48のグループとしての初共演が話題となる今作だが、制作記者会見の場では、日本テレビのプロデューサーから"校則"として恋愛禁止、ケータイ番号、メアドの交換禁止、早寝早起きが申し渡されたという。"恋愛禁止"が発表された際にAKB48のメンバーたちは「いつものことですので!」と笑顔で切り返したというが、ネット上ではすでに両者のファンと思われる人たちから"不安"の声が上がっている。

 ジャニーズとAKB48の恋愛といえば、思い起こされるのは元チームKの小野恵令奈とジャニーズ某若手グループメンバー・Aとの熱愛疑惑だ。小野は人気メンバーのひとりだったが、この関係が原因で干され始め、ついには卒業に追いやられたとみられている。この時は、小野のほかにも女優・夏帆、モデル・岡本玲、℃-uteの矢島舞美などの清純派に手を出し、処女好きともウワサされたAから関係を持ったという見方だったが、今回は逆の可能性が高いという。

「出演が発表された島田晴香は、以前ジャニーズのうちわも持っているプリクラがネットに流出したことがあり、また島崎遥香もジャニオタであると自己紹介している彼女のものと思われるプロフが発見されています。彼女らは今回共演するジャニーズJr.たちのファンではないでしょうが、彼女らがつながりさえ持っておけば、いずれ本命にたどり着くと考えていてもおかしくはないですね」(芸能ライター)

 憧れの人に会いたいという想いが高まり、なんらかのアクションを仕掛ける可能性は十分あるということか。しかし、今回ばかりは相手が悪いと前出のライターは話す。

「Jr.といえどもジャニーズです。以前はアイドルグループ『9 nine』に在籍していた加藤瑠美はジャニーズ所属タレントとの熱愛発覚後グループを脱退し一時引退。またドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)に出演した菅澤美月は熱愛が報じられると引退し、現在は名前を変えて再デビューしています。また今回はテレビ局のプロデューサーに"恋愛禁止"や"連絡先交換禁止"を宣言させています。何かしらの疑惑が浮上すれば、局の面目も潰れるため、疑惑レベルでも引退を迫られる可能性は高いですね」(前出・同)

 せっかく作ったジャニーズとのつながりを、いちメンバーの不祥事で切れることを運営側は重く見ることは間違いないだろう。今回のドラマのキャスティングは、出演者たちを次世代のスターとして押していきたいジャニーズとAKB48運営側の思惑が一致したために決定したとも思える。しかしそこには思わぬバクダンも潜んでいそうだ。
(文=木嶋陽介)

※イメージ画像:日本テレビ系『私立バカレア高校』HPより


【関連記事】
大島優子の"エロ化"が止まらない! 目指すはアノ人たち?

【関連記事】
母親の淫行事件を謝罪したAKB高橋みなみの真意とは?

【関連記事】
たかみな母親逮捕はほんの一例!? 芸能人親族の犯罪

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング