韓流美女と芸人のゴールインで韓流ブーム終焉か

メンズサイゾー / 2012年2月3日 21時15分

写真

 俳優の浅野忠信と女優の仲里依紗という大物カップルのデートをスクープした「FRIDAY」(講談社)に、ひっそりと載っているお笑い芸人・サバンナ高橋茂雄の韓流美女との婚前旅行記事。先日発売された「女性自身」(光文社)の直撃取材で、あっさりと同棲を認めている高橋だけにスクープ感はイマイチ。今さら彼らが旅行に行こうが、読者とすれば、はいそうですか、という程度なのだろう。浅野&仲の影に隠れているのは致し方ないといえる。

 とはいえ、「ゴールイン間近」と報じる「FRIDAY」の予測が正しければ、(元ではあるが)韓流アイドルとお笑い芸人の結婚はかなり衝撃的。韓流好きを公言するお笑い芸人が、ついにK-POPアイドルを射止めたとして、大々的に報じられることは間違いない。しかし一方で、近頃ネット上を中心にして騒がれているのは、「フジテレビ韓流撤退か!?」というウワサ。2人の恋路に韓流ブームなど関係ないだろうが、今のブームがなければ2人は出会ってなかったともいえる。タレントのヨンアを頼って来日したという高橋の彼女も、今の韓流ブームが冷めてしまえば多少は肩身が狭いだろう。果たして、本当にフジテレビは韓流から撤退するのだろうか。

 このウワサのネタ元は、フジテレビが昼間に放送している韓流ドラマの放送時間帯の変更にあった。しかし実際の「韓流α」枠は来週からも健在で月曜日から金曜日まで毎日14:07から『シティーハンター in Seoul』(フジテレビ系)の放送を予定している。確かに以前のように、14時台から16時台にかけて3話連続で韓流ドラマということではないようなので、撤退と言われればそんな気がしないでもない。また、1月10日から放送をスタートしていたチャン・グンソク主演の『ベートーベン・ウィルス』(フジテレビ系)が、突如深夜枠に移動したことも、フジ韓流撤退のウワサを広めたのだろう。

 さらに、2月1日の深夜に放送された『なかよしテレビ』(フジテレビ系)での変化もフジテレビの韓流撤退を印象付ける。日中韓を代表する出演陣が互いの国について討論するという形式の同番組。しかしその日の放送から、韓国人の姿は消え、変わりにインド人が出演していた。これに対し、ネットユーザーらは「"J-POPはビルボードのランキングにも入っていない"とかいう嘘を堂々と喋る韓国人は切られて当然」などと反応。実際の理由はわからないが、これまで同じ三カ国をメインに放送していた番組で韓国だけが不在というのも確かに違和感がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング