宮根誠司"隠し子騒動"で番組降板の危機!?

メンズサイゾー / 2012年1月5日 17時0分

写真

 小学館運営のサイト「NEWSポストセブン」は5日早朝、6日発売の「女性セブン」(小学館)に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会者である、フリーアナウンサー宮根誠司の隠し子騒動が掲載されることを報じた。

 それによれば、記事内では「ずっと黙ってるわけにはあかんやろうなとは思ってました」と前置きした上で、この隠し子について詳細に語っているという。宮根には妻がおり、ふたりの間には7カ月前、女児が誕生している。ところが一方、現在32才の飲食店経営者A子さんとの間に、今年2月には4才になる女の子がいて、すでに認知はしているという。またA子さんと宮根が知り合ったときは現在の妻と交際している時期だったが、同時に2人と付き合っていたというのである。

 「子供はどちらも宝ですから、両方ともかわいいですよ」と宮根は語っているが、すでにネット上では大きな騒ぎとなっており「その両方の宝と嫁に心の傷負わせたけどなw」という辛辣な意見や「はい、番組を降板ですね」「好感度下がったな」など、隠し子騒動発覚が与える今後の活動への影響を指摘する声も見られる。

「その毒舌ぶりや、モノをズバズバ言うところがウリだった宮根にとって、新年早々この騒動は痛いですね。プラスには決して働かない話題ですし、イメージ悪化は避けられない。しかも"黙っているわけにはあかんやろう"と、いつか自らで公にする意思を匂わせながら、結局は週刊誌に暴露される形で公になってますし、バレなければずっと黙っていようと思っていたのか、と受け取られかねない状況です。それもイメージ低下につながるでしょうね。今後の司会業についても、自らが負い目を背負ったことで歯切れが悪くなるかもしれません」(芸能ライター)

 「女性セブン」によれば、A子さんと知り合ったときに宮根は現在の妻と交際していたという。宮根は2008年に現在の妻との再婚を公表したが、実際に籍を入れた時期は2006年8月と言われている。A子さんとの間にいる娘が今年2月に4才になることを考えれば、結婚前からの二股交際が入籍後も続いており、不倫という状態になっていたことが推察できる。

「キャバクラでの女遊びはまだ許せるとして、二股しながら一方と結婚して、不倫の末に子供を産ませていたというのは、女にだらしないというイメージが定着しそうな感もあります。『ミヤネ屋』の放送時間帯はお昼過ぎで、主な視聴者は主婦層ですから、降板もしくは番組自体がなくなることもあり得るかもしれませんね」(同)

 6日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』で宮根がどういう釈明をするのか、注目される。
(文=近藤チカゲ)

(※イメージ画像:宮根誠司オフィシャルブログ「ブログ屋」)


【関連記事】
ただの有名税か"話題作り"戦略なのか? AKB48流出事件2011

【関連記事】
島田紳助の復活は間近!? 吉本社長の復帰容認発言の衝撃

【関連記事】
不倫は文化? 芸能界"寝盗り・寝盗られ"事件簿

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング