ガチで"冷静と情熱のあいだに"いた辻仁成 「ユーロ崩壊」とフランスから誤爆

メンズサイゾー / 2012年2月6日 21時0分

写真

「ユーロが崩壊した!」

 2月6日、辻仁成がフランスからこんなツイートをし、朝っぱらからTwitterのタイムラインを賑わせた。

 経緯はこうだ。同日の日本時間05時59分に辻がこんなツイートを投下した。

「ちょっと、全て報道内容理解出来ませんが、フランス国営放送、民放ともにフランスの各局が、ユーロ離脱、ユーロ崩壊を報じています。ユーロは今日から一ユーロ、一フランとなるとのこと。でも、多分、半年間は両替出来る、と思います。情報収集していますが、日本のメディアで確認されたし!」

 「ユーロ崩壊」については、ギリシャの債務不履行やユーロからの離脱が確実化となり、ギリシャ国債を大量に保有しているフランスの大手銀行の株価が暴落するなど、現実味を増しているのは事実。

 だが、そんな世界的な大ニュースの第一報を、まさか辻仁成から知らされるとは! フォロワーもびっくりである。

「フランス在住の作家・辻仁成氏が「ユーロが終わった。フランに戻るとテレビで言ってる!」とツイートなさってますが、マジっすか」など、Twitter上で大騒ぎとなり、一時期トレンドワードにも「辻仁成」があがったほどだ。

 たしかにフランス在住の辻からのツイート、そしてその報道番組を今、目の前で見ている......と書かれたら、現実に起こっていることなのだと勘違いしてもおかしくはない。地震関連のニュースでもそうだが、誰かが「揺れた!」とつぶやくほうが地震速報よりも迅速に世の中に伝わる。それがTwitterというものだ。

 先に種明かしをすれば、辻が観たというテレビは、報道ではなく「もしもユーロが崩壊したら」というシミュレーション番組だったらしい。つまり「ユーロ崩壊」は、まだ起きていなかったのである。

 しかし、すでに時遅し。RT(リツイート)などで辻のこれらのツイートはあっという間に広がっていた。彼は、真偽を確かめる前に騒いでTwitterに投稿しただけでなく、「このソースを確認すべく、信頼できる人間としてこのふたりを選んだ」と、NHKアナウンサー堀潤とジャーナリスト津田大介に次のような緊迫した文章を投げかけていた。

「ユーロ崩壊のニュース、まだ、日本に流れてませんか? こちらでは各局、報道されています! ユーロが終わります!!!」

 しかしそこはNHKアナウンサー。堀の対応は完璧だった。「辻さん! 仰っていたユーロに関する情報はこちらには現在ありません。為替の動きを見ていますと特に大きな変動がみられず通常の取引範囲内かと。もし何か情報が入りましたらまたご連絡します」。まずは「そのような報道は入っていない」と冷静に対処。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング