三冠陥落で目が覚めた!? フジテレビがついに韓流から決別か

メンズサイゾー / 2012年1月7日 10時0分

写真

「出てけ! 日本が嫌だったら出てけ!」

 今月17日に放送を予定している『なかよしテレビ』(フジテレビ系)の番組宣伝VTR中で、マツコ・デラックスが叫んでいる言葉である。このマツコの言葉に、多くのネットユーザーが素早く反応、多くのスレッドが立ち「よく言った」「韓国ざまぁ」「本放送が楽しみだ」などとマツコを賞賛するコメントが寄せられている。

 昨年の10月から放送をスタートしている『なかよしテレビ』。番組のコンセプトは、「日本を含むアジアを中心とした3カ国の出演陣が、さまざまなテーマについてお国自慢をする」というもの。主に日中韓による討論形式のバラエティなのだが、その内容はバラエティの域を超えて、各国の人々の本音が垣間見えるものとなっている。似たような番組として同時期に始まった『世界のみんなに聞いてみた』(TBS系)があるが、3カ国に特化した同番組の構成は、より激しい討論を展開させている。

 そんな番組に初出演を果たすマツコは、「K-POPに物申す」というテーマで論を展開している模様。「日本の芸能界は草野球。韓国の芸能界はプロ野球」と主張する韓国人出演者に対し、「K-POPとか見ているとアメリカのパクリにしか見えない」と言い放ち、「あんたたちの音楽も受け入れてやってる」「これだけ懐の深い国がどこにあるんだよ!」と主張する。もちろん、これらの発言は先日から同局で流されている番宣VTRを見たものであり、それ以上でもそれ以下でもない。どういった経緯で、そういった話になったのか、またその後どんな結論になるのかというオチについては、本放送を見るまではわからない。だが、冒頭に記した「日本が嫌だったら出てけ!」というマツコの言葉は、紛れもなく本人の口から出ている言葉であり、多くのネットユーザーがこの言葉に共感しているのは間違いない。そしてまた、この番組を放送するのがフジテレビというのも彼らの興味を引く要因になっている。

 昨年の夏、数千人規模という抗議デモを受けたフジテレビ。もちろんその抗議内容は同局における韓流偏向放送を是正しろというものだった。しかしデモ隊の提出した抗議文に対しフジテレビ側は正式なコメントを拒否。未だに、韓流偏向放送という批判に明確な態度は示していない。そんなフジテレビがK-POP批判を堂々とするマツコをゴールデンタイムで流すという。一体これはどういった風の吹き回しなのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング