「童貞&処女カップル誕生」もう中&おかまり交際にみる日本芸能界の性事情

メンズサイゾー / 2012年3月16日 17時0分

写真

 グラビアなどでも活躍するものまねタレントのおかもとまりと、独特の芸風で知られるお笑い芸人のもう中学生の交際が話題を集めている。3月14日の東京スポーツ新聞を皮切りに報道されている2人の熱愛スクープ。翌15日にそれぞれの事務所の対応を示し、おかもとが所属する太田プロダクションは「プライベートなことは本人に任せていますが、親しい友人の1人と聞いています」、もう中学生が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは「仲のいい友達です」と、コメントを寄せたという。

 この2人の交際報道を受けてネットユーザーたちは、「童貞&処女カップルの誕生」として注目。「もう中学生も、もう大人だな」や「メイサ&赤西よりは好感度がもてる」などとコメント。彼女いない歴=実年齢を公言していたもう中学生と処女芸人を公言していたおかもとの交際を歓迎しているようだ。

 まさに似たもの同士のカップルとしてネットユーザーらから祝福の言葉をかけられている2人。芸能界という表舞台で活躍しながら、童貞や処女という、普通なら隠したくなるようなパーソナリティを公言する彼らに、ネットユーザーらは好感を抱いているのだろう。何度となく交際報道が流れながら、偉そうなことを言いつつ否定し、その末に、「はい。出来ました」と妊娠結婚を報告するアイドルタレントなんかより、よっぽど誠実だと思っているのだろう。

 そんな童貞&処女タレントが近頃人気を集めている。代表的な例を挙げれば、汚部屋が暴露された春香クリスティーンや、若手女芸人の筆頭格であるハリセンボンの近藤春菜、童貞の星を自認するハライチの澤部佑、それにたんぽぽの白鳥久美子などだろう。彼ら彼女らに共通するのは、ここ数年で急激な人気を獲得したという点。今の時代、童貞&処女というパーソナリティは、芸能界で売れる要素として重要なものなのかもしれない。

 しかし一方で、童貞&処女とは真逆のパーソナリティを売りにする若手も多い。たとえば、ものまねタレントとして人気の渡辺直美はセックス好きを公言する。赤裸々に語られる彼女の性生活は、「○○で知り合った男と一晩を共にする」や「電話で呼んで、セックスだけしてもらう」といったかなり過激なもの。一見同姓ならずとも引いてしまうトーク内容だが、彼女の人気は現在爆発中。また、そんな渡辺とのアバンチュール密会が週刊誌にスクープされた平成ノブシコブシの吉村崇も「破天荒」を売りに、もっと女遊びがしたいと奔放に語りながら人気の若手コンビとして活躍中。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング