前田敦子、卒業と同時に熱愛発覚!? 恋多きジャニタレの「本命」疑惑

メンズサイゾー / 2012年8月17日 14時0分

写真

 ここ数年、K-POPがもてはやされ、ガッチリした肉体美を誇る韓国人男性アイドルグループがジャニーズ帝国を滅ぼすとまで言われたが、いつしかブームは落ち着き、ジャニーズの牙城を脅かすことはなかった。CD売上でも、ミリオンヒットを連発するAKB48ほどはいかないまでも、今年は嵐や関ジャニ∞、Hey!Say!JUMPなどが数十万枚を売り上げるヒットを飛ばしており、ジャニーズアイドルは安定した人気を保っている。

 中でも最近急激に勢いを伸ばしているのが、主演映画『エイトレンジャー』が公開中の関ジャニ∞である。長く関西を拠点に活動してきた彼らだが、冠番組やCMの増加とともに人気は全国区に拡大。特に長身で端正な顔立ちを持つ大倉忠義(27)の注目度が急上昇しているという。大倉は来年公開予定の映画『100回泣くこと』で単独初主演が決まったばかりだ。

「ちょっと前までは目立たない存在だったのに、最近、現場での大倉クン人気がすごいんです。関ジャニ∞がメジャーになったことで、地味ながら一番美形の大倉クンが発掘されちゃったんだなーってちょっと寂しい気持ちもあります。セブンイレブンで展開しているエイトレンジャーのグッズも、大倉クンのものは軒並み売り切れで……。だからといってオークションで高値で取り引きされてる、というほどではないんですけどね。ライトなファンが増加した印象です」(ジャニーズファンの女性)

 今でこそ寝る暇もないほど多忙な関ジャニ∞メンバーたちだが、下積み時代はマネジャーの同行なしに関西から新幹線の自由席で移動するなど、ジャニーズアイドルとしては不遇な扱いを受けていた。しかし一方で、マネジャーらスタッフの監視が行き届かないのをいいことに、女性関係は派手だったという。

「オリキやヤラカシともすぐつながるし、B級グラドルとは合コンも多かったですよ。さすがに今はそんなにないでしょうけど、錦戸亮クン(27)はまだ六本木で遊び歩いてるし。安田章大クン(27)も、女優の国仲涼子(33)とのデートを撮られたことがありますね。安田クンといえば竿兄弟も多くて、KAT-TUN中丸雄一クン(28)の元彼女のグラドルと付き合ったり、6~7年前には同じ女性を巡って大倉クンと三角関係になったことも。結局、大倉クンが取っちゃったんですけどね。そのコは大倉クンの熱烈なファンに刺されたって話が有名ですよ。地味な印象だし、ライトなファンは意外に思うかもしれないけど、大倉クンはすごい女遊びは激しくてその後もウワサになったコは多いんですよね」(前同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング