AKB48「干されメンバー」のリストラ本格化? 退職金代わりのプレゼントとは

メンズサイゾー / 2012年11月23日 12時0分

写真

 絶対的エース・前田敦子の卒業を機に、新チームを編成し直し、新たなスタートを切ったAKB48。しかしながら、海外留学、支店との人材交流、新人発掘など、さまざまな面で活性化を図ってはいるものの、大きな話題というと「河西智美の番組逃亡」や「大島優子の試写会失言」などネガティブなものばかり。あるいは期待された光宗薫の活動辞退や、NMB48で相次ぐ卒業、SKE48矢神久美の卒業など、辞退者も続発している。せっかく「じゃんけんセンター」になった期待の新エース・島崎遥香や、運営側が推している新人・川栄李奈らの話題はなかなか上手く伝わらない状態だ。

 そんな空気の中、少し明るい話題となっているのは、AKB2期生、あるいは旧チームKメンバーの活躍である。秋元才加や増田有華が舞台・ミュージカルで確たる実績をあげたのを筆頭に、干されの代名詞的存在だった小林香菜も東京MXで冠番組を獲得し、同じく器用貧乏の代名詞だった佐藤夏希も(現在体調を崩しているが)地方局ながらレギュラー番組をゲットしている。

 4期生で「フレンチ・キス」メンバーながら、柏木由紀のソロでの活躍と高城亜樹のJKT48移籍で活動停滞している倉持明日香も、スポーツ番組のアシスタントとして安定した仕事ぶりを見せ、何かと話題の多い河西智美は、批判も多いがソロCDデビューとソロ写真集発売が確定した。

 「絆・団結のK」と呼ばれ、そのファンの熱気もすごかった旧Kメンバーのメディア露出増加は喜ばしいことではあるものの、これを世代交代の前兆ではないかと見る関係者もいる。

「ようするにリストラだと思いますよ。2期生……特に、小林さんや佐藤さんのプッシュはその意図が強いように感じます」

 そう話すのは、初期からAKB取材を担当してきた芸能記者。

「2期生はAKB人気の出る前から地道に活動してきただけに本当にスキルが高く、新しいメンバーたちにはないハングリーさと、団結力を身をもって示してきたメンバーです。『チームAに追いつけ追い越せ、だけど、共存共栄!』という感じで、時にヒートしてAメンバーを叩こうとするヲタを抑えつつ、しっかりと自己主張しているメンバーですね。だから、毎年選挙になると神7入りこそ大島優子だけですが、アンダーはしっかりと旧Kが固めているとか、リクエストアワーでも最終日では弱いものの、初日・二日目は多くの曲を送り込んでいるというのがKの特徴。今年は『くるくるぱーの奇跡』なんていうのも起こしましたしね(※編註後述)」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング