カメラマンは「ポロリ」拝み放題、ヤリ放題!? 役得カミングアウトしたTV番組の波紋

メンズサイゾー / 2012年12月15日 15時0分

写真

 12日に関西ローカルで放送されたあるバラエティ番組の内容が、アイドルファン、特にAKB48を愛するファンたちの中で物議を醸している。件の番組は今田耕司の冠番組『今ちゃんの「実は…」』(朝日放送)。番組後半で“男の憧れ職業”であるグラビアカメラマンの門嶋淳矢(かどしま・じゅんや)氏がスタジオに登場したのだが、「グラビアカメラマンになって良かったことは?」などの質問に答えた場面が切り取られ、ネット上で話題になっているのだ。

 ひな壇のお笑い芸人たちが「グラビア撮影で起こるラッキーハプニング」について質問し、門嶋氏は「撮ってる最中に(乳首がポロリしたり)そういうこともありますね」「(ハプニングショットの)メモリーは消さないです」と発言。その前に今田と小藪一豊が「AKBの子も(胸を)寄せすぎて何か飛び出してるみたいな」「AKBのチークービーがね」「トービーディー」などと会話した内容がテロップで出ていたため、ネット上に切り貼りされた画像を見て「AKBの乳首がポロリしたのか」「AKBのポロリ画像を保存しているのか」と誤解が広まったようだ。実際には、門嶋氏がポロリを拝んだのは、名前こそピー音で伏せられたが「人気美形巨乳アイドルさん」だそうである。寝そべったポージングで腕を上にあげた拍子に「ポロンと」こぼれたようだ。

 AKBのポロリでないとはいえ、アイドルの秘密の突起を仕事で拝見できるというのは、確かに羨ましい。ただ、門嶋氏は「国民的なアイドルの方とかと近い距離で撮れるのは嬉しい。撮っててヒジが当たるとかヒザが当たるとか」「やっぱり(アイドルの)近くに寄りたくてこの仕事をやってるってのもあるんで」「普段でさえ普通の女の子の近くにいけないのに、アイドルの近くに寄れるというのは夢のような話」と興奮気味に役得を明かしてもいた。さすがに「仕事」として接しているカメラマンにこのような“下心”を抱かれてはアイドル側も困ってしまうだろう。しかしアイドル側もまんざらではないらしい。

 続いてサバンナ・八木が「二人きりの撮影って具体的に何が行われているのか?」と質問。グラビア撮影の際、マネジャーやヘアメイク、アシスタントも席を外し、アイドルとカメラマンが二人っきりでスタジオに籠もることがあるが、そのとき一体、中では何が行われているのか? 門嶋氏からは、

「ぶっちゃけ言うと、触ってますね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング