AKB48に「20歳定年」説…成人したら即「脱ぎ路線」!?

メンズサイゾー / 2013年1月19日 16時0分

写真

 首都圏を大雪が見舞った1月14日、神田明神には国民的アイドル・AKB48とその派生グループであるNMB48、SKE48、HKT48から、今年成人を迎えるメンバーが集合した。今年は峯岸みなみ、HKTの指原莉乃、AKBとNMBを兼任する横山由依、NMBの主要メンバー山田菜々らが成人する。艶やかな着物を身にまとい、華やかな雰囲気の彼女たちだったが、「20歳」はアイドルとしてかなり重要な分岐点なのかもしれない。というのも、昨年成人した15人のメンバーたちのうち、4人が卒業、さらに3人が海外の48グループへ移籍しており、また残るメンバーもソロ活動を活発化させるなど新たなステップに踏み出そうとしているのである。昨年の成人メンバーは次の通りだ。

鈴木まりや(中国のSNH48へ移籍)
小林香菜
仲谷明香
野中美郷
米沢瑠美(活動辞退、卒業)
増田有華(活動辞退、卒業)
仲川遥香(インドネシアのJKT48へ移籍)
高城亜樹(インドネシアのJKT48へ移籍)
北原里英(SKE48とAKBを兼任)
河西智美(卒業予定、ソロデビュー)
大家志津香
柏木由紀(チームBキャプテン降板、ソロデビュー)
前田敦子(卒業)
高橋みなみ(総監督就任、ソロデビュー)
板野友美

 総監督の高橋みなみは“栄転”したと言えるかもしれないが、柏木由紀はチームBのキャプテンを降板しソロに専念する方向となった。しかも昨年末から始まった新チーム体制による公演で、初日に呼ばれなかったメンバーが3人(小林・野中・大家)も含まれており、彼女たちはこの1年で非常に厳しい状態におかれてしまっている。どうやら、20歳までに次の展開が見据えられないメンバーに対する運営の期待度は暴落し、少なくともAKBグループ内で積極的に推されることはないという厳しい現実があるようだ。

 20年にわたってさまざまなアイドルを追いかけているアイドルウォッチャーいわく、総合プロデューサーである秋元康には「アイドル=未成年」という考えがあるのではないかという。

「秋元さんは、おニャン子クラブも主要メンバーが現役高校生の頃は見事なプロデュース能力を発揮し、大ブームを巻き起こしたのですが、彼女たちの高校卒業と同時に迷走し、解散することになってしまった。AKBのお姉さんグループと銘打って始めたSDN48も、非常に短期間で見切りをつけて解散させている。オーディション時に『モノが違う』『●年に一人の逸材』などと太鼓判を押すのは、松井珠理奈(SKE)、城恵理子(元NMB)など、(当時)小・中学生。ロリコンというわけではなく、アイドルとして光る要素があるかどうかは、なるべく早い段階で選別しているのだと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング