病める獅子・AKB48を追いつめるモー娘。と乃木坂46の猛追撃

メンズサイゾー / 2013年2月5日 15時5分

写真

 モーニング娘。の1月23日発売の52ndシングル「Help me!!」(zetima)。CMやドラマのタイアップもないこの曲が、Youtube公式チャンネルに公開されて1週間で再生回数100万を越え、モー娘。として3年8カ月ぶりに、オリコンの週間ランキング(2013年1月21日~27日のCDシングル週間ランキング)で1位を獲得した。

 最近のモー娘。といえば、バラエティ番組出演の比較的多い道重さゆみと、卒業を発表しているエース格の田中れいな以外のメンバーは、2011年以降に加入したこともあってまだ知名度があるとはいえない。だがその代わりにフレッシュさがあり、ダンスなどのパフォーマンス力も着実につけてきている。今回の曲のPVでは、複雑なフォーメーションで難易度の高いダンスを披露しており、つんく♂の楽曲の完成度・インパクトとも高く、まさに“曲の力”でもぎ取った1位といえそうだ。

 ネットでも、根強いモー娘。ファンは当然として、動画サイトでこの曲を見たライト層が、次々にTwitter(ツイッター)やフェイスブックでこの曲を紹介しており、昔モー娘。が好きだったという30~40代の男性や、20代の女性を中心に口コミで広がっている。

「いや、そうはいっても、全国握手会を乱発し、バージョン違いを何枚も出しているドーピング作戦ですから、所詮蟷螂の斧ですよ。翌週のランキングでは、初週50万枚を売り上げているSKE48の新曲『チョコの奴隷』(avex trax)が大差で1位をとるでしょう」(アイドルライター)という声もあるが、「モー娘。の握手会は、AKBと違って高速握手会(※握手する時間が短い)ですし、幕張メッセなどの大会場を借り切って何日も行うAKBのようにイベントとして独立しているわけではなく、あくまでも販促の一環。それでこの結果はすごい」(業界関係者)という声もある。

 1999年に発表した「LOVEマシーン」(zetima)で大ブレイクしたものの、度重なるメンバーチェンジでいつしかムーブメントは去り、音楽番組に出演することもすっかり少なくなっていたモー娘。だが、AKB総合プロデューサーの秋元康が、2012年06月17日放送の『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)で、「楽曲的なクオリティは、今までのアイドルの中ではモー娘。が最高峰だと思います」と認めているように、乱立するアイドルグループの中で音楽性は頭一つ抜けている。放送作家出身で売り出し方に工夫をこらす秋元と、ミュージシャン出身で楽曲の質を重視するつんく♂の方向性の違いは、実は対立軸ではなく、AKBとモー娘。を相互補完する関係であるともいえる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング