「普段はジャージでケチ」新婚・堤真一の意外な素顔

メンズサイゾー / 2013年3月1日 15時0分

写真

 俳優の堤真一(48)が、約5年にわたって交際していた一般女性と、3月3日に入籍するという。ひなまつり婚のお相手は30代前半の会社員で、「深津絵里似」。昨年3月に女性週刊誌がデート現場をスクープした時も、「身長165センチほどのロングヘア、深津絵里似の30代前半女性」と伝えられており、この時の彼女で間違いないだろう。

 それにしても、堤といえば昨年10月、自宅近くの炭火焼き居酒屋で女優の蒼井優(27)とデートしていたことを「女性セブン」(小学館)に報じられている。蒼井の彼氏である鈴木浩介(37)とも堤は親しいようだが、蒼井の誕生日当日も堤と二人きりでお祝いをしていたというから「すわ、二股愛か」と騒がれたものだった。この件以降、蒼井の持つ独特の“魔性”に堤がメロメロだとのウワサが業界を駆け巡り、「50歳近いオジサンまで、あんな小娘にメロメロになってしまう」という蒼井優伝説がまことしやかに語られているほどである。さらに今年に入ってから芸能レポーターの井上公造が「この二人は今年中に結婚する!」と予言もしていたが、見事にハズれてしまった格好だ。

「確かに蒼井は少女性を持ちつつも素顔は実にエロく、酒を飲むと特に大胆になる。それゆえ、独身貴族の堤さんが蒼井に首ったけになり、彼女を口説いているかのように言われましたが、実際にはまだ例の恋人と交際していた。こんな記事が出てしまったことで、彼女が激怒し、ついに年貢を納めたといったところでしょうか」(芸能記者)

 鈴木京香(44)や元アイドル女優の鶴水ルイ(32)、さらに本家・深津絵里(40)と交際してきたものの、50間近まで独身を貫いた。美女をつまみ食いしてはポイ捨てするタイプなのかと思いきや、そういうわけでもないらしい。

「演技では渋い大人の魅力を醸し出す彼も、私生活では基本的にジャージ姿で高級レストランに行くためのスーツすら持っていないんだそうです。また、ケチなのかお金をほとんど使わず、女性に対してもチヤホヤしない。男同士でふざけてケラケラ笑っているのが好きで、SMAPの木村拓哉に『撮影現場で堤さんにいきなりチンチンつかまれた』と暴露されたことも。そんな性格が災いしてか、恋人たちとはゴールインに至らなかったんですよね。でも奥さんになる女性は、そうしたちょっと変な堤さんのことも深く愛しているようですから、ようやく春が来た、という感じでしょうね」(前同)

 以前に交際していた彼女には「結婚を考えてくれてるんでしょ?」と聞かれ、まったくその気がなかったにもかかわらず「もちろんだよ」と嘘をついたこともあるという堤。しかし45歳を過ぎた頃から「ヤバイ、この調子では本当に結婚できないかもしれない」と焦りを感じ、真剣な交際に目覚めたのだという。そう考えれば、妻となる女性はまさに「ちょうどいいタイミング」で堤をゲットしていたというわけだ。実は堤には熱狂的な女性ファンも少なくなく、過去に交際をウワサされた女性たちに嫌がらせをする悪質ファンもいたようだが、さすがに結婚ばかりは認めるしかない。家族を持ったことで、役者としてもいっそうの飛躍を期待したい。

メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング