ビッグダディ離婚へ!! すでに故郷・岩手県引っ越しで目撃情報も

メンズサイゾー / 2013年3月19日 16時0分

写真

 テレビ朝日系で2006年にスタートした人気大家族ドキュメンタリー『痛快!ビッグダディ』。ビッグダディこと林下清志さんとその家族は、7年にもわたってその生活をカメラに追われてきた。その間、前妻との離婚・再婚、そして再びの離婚、17歳年下の美奈子さんとの再婚、子どもたちの独立、新たな命の誕生などさまざまなことがあった。昨年12月23日放送の第27回、また今年1月2日の第28回では美奈子さんとの離婚をほのめかす展開になっていたが、この春、離婚は現実のものとなってしまうようだ。

 放送開始当初は岩手県在住だったビッグダディ一家。前妻が子供を残して出奔、4男4女(※当時)子どもたちを抱えて家事・育児・仕事をこなすシングルファザー・林下さん(以下、ダディ)の姿はまさに「ビッグダディ」と呼ぶにふさわしいとして、初回から13%の視聴率を稼ぎ、その後も安定して高視聴率をとる人気コンテンツに成長した。その後、地元高校の廃校にともなう子どもの進学を含む経済的な事情から、一家は鹿児島県の奄美大島へ移住。さらにテレビで放送を見た前妻が三つ子を連れて出戻るなどブッ飛んだエピソードの連発に、人気はグングン上昇した。

 その後、前妻とは再び距離を置き、シングルマザーで5人の子持ちだった現在の妻と再婚、香川県の小豆島に移住し一児をもうけたダディ。だがわずか2年で離婚という結果に至りそうだと発売中の「女性自身」(光文社)が大きく伝えている。

 昨秋放送の回で、ダディと美奈子さんは別居。美奈子さんとその子どもたちは大家族で暮らすために購入した一軒家にそのまま住み、ダディと前妻の子どもたちは接骨院の二階に引っ越した。夫婦仲は決して悪くないが、子どもたちが前妻、つまり実母を慕う気持ちを理解できない美奈子さんと「一緒には暮らせない」とダディは判断したようだ。それでもダディと同居生活を送りたいと願う美奈子さんは歩み寄ろうとするも、「同居はしない」と突き放すダディ。1月2日放送では「(同居できないなら)もう離婚しますね」と美奈子さんが宣言し、ダディも「(同居しないという)結論は揺るがない」と離婚を認める発言をしていた。

「女性自身」によれば、籍こそまだ抜いていないものの、離婚は確定したという。3月14日にダディは小豆島に開業していた「島の接骨院」を閉店。子どもたちの新学期に合わせてダディとその子どもたちは岩手県へ移り住み、美奈子さんと連れ子たちも小豆島を出て九州へ引っ越す予定だそうだ。閉店翌日の15日に、ダディと今春から高校進学する四男が二人で岩手へ出発し、高校の下見や物件探しをしたという。実際、Twitter上でも同時期に「岩手にダディが来てる!」「ビックダディの息子、●●に入学するらしいよ!」というツイートが続出しており、ダディとのツーショット写真をUPするユーザーもいた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング