整形疑惑のイケメン俳優が顔面崩壊!? 「板野友美も将来…」と心配の声

メンズサイゾー / 2013年6月2日 8時0分

写真

 先月28日、韓国の人気イケメン俳優チャン・グンソク(25)のオフィシャルグッズショップが東京・渋谷にオープンした。その前日、ショップのお披露目会が行われ、来日したグンソクも駆け付けた。だが、話題になったのはショップではなくグンソクの顔の“変貌”ぶりだった。

 メディアの前に現れたグンソクは、以前から鋭かったアゴが更に尖っており、表情も能面のよう。何とか笑顔をつくろうとしているが、不自然さばかりが際立っていた。さらに、20代にして髪の生え際も後退しており、アゴの尖り具合と相まって顔が異常に長くなった印象を与えている。超美形として知られるグンソクだが、かねてから整形疑惑がつきまとっており「整形のしすぎで顔面が崩壊したのでは」との声が多数上がっている。さらに、この話題はなぜかAKB48からの卒業を控えた板野友美(21)にまで飛び火しているようだ。

 このお披露目会でのグンソクの写真を目にしたネットユーザーたちは「閲覧注意レベル」「アゴ削り過ぎでしょ」「間違いなくプロテーゼ(※体内に入れる整形用の人工物)入れてるな」「エラも削ってるんじゃないの」などと騒然となった。また、ネット上では以前から同じく整形疑惑があるAKB48の板野とグンソクの顔がそっくりだと指摘されており「板野も将来こうなるんじゃ…」という心配の声も上がっている。

 確かに、板野もグンソクと同じく「アゴが飛び出そう」といわれるほどアゴが異常に尖っており、顔の輪郭や表情の作り方も非常に似ている。横顔だと不自然な二重アゴ状態がになるのも共通している。これらの点について、ネット上では「整形ならではの共通点」という指摘もあるが…。

「断定はできませんが、板野さんもグンソクさんもプロテーゼの挿入やヒアルロン酸注入で作られた鋭角アゴと似たアゴをしているのは確かですね。また、二人とも時折引きつったような表情になると指摘されているようですが、整形を繰り返すと表情筋が緩み、そのような後遺症が生まれることがある。実際に整形のせいかは分かりませんが、板野さんのアゴは人体の構造上あり得ない形になっていることがあり、疑惑が出るのも無理はないのかもしれません」(美容ライター)

 芸能人の整形が盛んといわれる韓国では、一般人の間でも顔のエラの骨を削って小顔にする「エラ手術」が大ブームとなっており、年平均で約5000件の手術が行われている。だが、術後に約半数が顔面麻痺などの後遺症を発症しており、社会問題として深刻化している。欧米のセレブタレントも整形している者は多いが、手術の繰り返しで顔面が崩れそうになってしまったケースは数多くある。

 女性が美しくなりたいと思うのは世の常であり、最近は美容に気を遣う男性も増えてきた。顔が大事な売り物となる芸能界であれば、その傾向はより顕著となる。しかし、自然に逆らう美容整形にはそれなりのリスクがあることも肝に銘じておかなければならないだろう。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング