理事にセクハラ疑惑、元日本代表が逮捕…激震続きのサッカー界、ちょっと危ない下半身事情

メンズサイゾー / 2013年6月8日 8時0分

写真

 W杯出場を決め盛り上がるサッカー界だが、5日の日本サッカー協会・田中道博専務理事(55)によるセクハラ疑惑にはじまり(後日、セクハラ行為はなかったと否定)、6日には元日本代表選手の奥大介容疑者(37)が、妻で女優の佐伯日菜子(36)を「今からお前を殺しに行くから」などと脅したとして、脅迫の疑いで逮捕されるなど、立て続けに衝撃が走った。かつてジュビロ磐田などで活躍、国際Aマッチ26試合に出場するなど輝かしい経歴を持つ奥大介容疑者だが、いったい何が起きたのだろうか。

「奥容疑者は、昔から女遊びが激しかったと聞いています。しかも、精神的にやや難があるようで、数年前から佐伯に暴力や暴言を浴びせていたようです。04年には、代表の合宿中にキャバクラ遊びが大きな問題となりましたが、奥容疑者はそのときのメンバーの一人。出前で頼んだ寿司を店内で投げるなど、かなり横暴だったみたいで…。業界関係者の間では、とうとうやっちゃったかという感が強いようです」(スポーツライター)

 生粋の問題児だったようだが、実はサッカー選手の女性に関する事件は枚挙に暇がない。07年6月には、当時ジュビロ磐田に所属していたKが15歳の女子にみだらな行為をした容疑で逮捕。また10年2月には、不起訴とはなったものの元Jリーガーが強制わいせつの疑いで逮捕。エロ不祥事が後を絶たないのだ。

 しかし、これまで表沙汰になった事件は氷山の一角。元人気キャバ嬢によれば、サッカー選手はけっこう“地雷”なのだという。

「私が勤めていたのは、有名人御用達の高級クラブでした。同僚の間でもっとも評判が悪かったのがサッカー選手です。激しいスポーツをしているせいか、ちょっとしたことで怒ったり、従業員に悪態をついたりとやりたい放題。しかも、女の子の体をベタベタとお触りするので、サッカー選手をNGにしていた子もいました。野球選手よりも金にはうるさいし、はっきり言って接客したくありませんでした」(元キャバ嬢)

 さらに、こんな爆弾発言も飛び出した。

「実は私、数年前に某有名選手と一回だけヤッたことがあるんです。正直言ってタイプじゃなかったし、あんまり上手じゃなかったので、それ以来、やんわりとアフターはお断りしてたんです。でも、何度も店に来て指名しては、お酒を頼むわけでもなく、ずっといるんです。さすがに嫌気が差して、予約の電話が入っても何かと理由をつけて指名拒否してもらうように店長に頼んだんです。そしたら店には来なくなったんですけど、今度は営業が終わるまで、出待ちをされるようになりました。もう怖くて怖くて、結局別の店舗に移動させてもらいました」(前出・元キャバ嬢)

 ちなみにその選手とは、サッカー好きでなくとも名前ぐらいは知っているビッグネーム。どうやらボールテクニックは超一流でも、床テクニックはイマイチだったようだ。
(文=中河原みゆき)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング