AKBはもうコリゴリ? 秋元康「60歳で引退」発言の真意

メンズサイゾー / 2013年6月18日 8時0分

写真

 AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏(55)が、ゲスト出演したラジオ番組で「60歳で引退する」と発言した。かつてはAKBの売り出しにのめり込んでいた秋元氏だが、最近は急激にトーンダウン。近いうちにAKBのプロデュースから“卒業”するのではないかと、業界関係者やファンの間で憶測が広がっている。

 今月16日、秋元氏はTOKYO FM系で放送されている『ジャパモン ~JPN47~』に出演。先日の選抜総選挙で1位になったHKT48の指原莉乃(20)に触れて「いろんな人にチャンスがあるのはいいこと」「しかし、指原が1位になってどういう曲作るか悩んでいる」などと発言。また、SKE48とNMB48のライバル関係が強まって困惑していることなども明かし、AKBグループの立役者として知られざる苦労を語った。

 その中で「そろそろ作詞は他の人に任せたい」とAKBの作詞から身を引きたいという意向を示し、さらに「僕は60歳で引退すると思う」と5年後の業界引退を示唆した。

 秋元氏といえば、AKBのデビューから約7年半にわたり、グループの全権を掌握していた。「タルんだメンバーを強制脱退させる」と息巻いたこともあったが、最近は指原のHKT48劇場支配人抜擢などの人事について聞かれても「人事異動は全て現場スタッフに任せている」と発言。また、センターだった前田敦子(21)の卒業に際しても発表のタイミングから何から深くかかわっていたが、近頃の相次ぐメンバー卒業に関して「いつまでAKBにいていいとか、いちゃダメだとか何もない」と冷めた反応だ。

 AKBは「恋愛禁止」という鉄の掟があることで知られるが、それについても秋元氏は「一つのネタとして言っているが、決して恋愛禁止ではない。僕は(恋愛禁止とは)一度も言ってないんですよ」と発言している。あれほど強気だった秋元氏が、なぜブレブレな態度になり、さらには“引退”を口にするほどになってしまったのか。

「秋元氏がAKBのプロデューサーを辞めたがっているというウワサは、以前から業界で流れていました。業界随一の巨大なビジネスになったAKBは、すでに秋元氏の手を離れており、彼はお飾りでしかなくなっている。にもかかわらず、世間ではいまだにAKBが何か騒動を起こせば『秋元が糸を引いている』といわれ、イメージだけが悪くなっていく。その状況に嫌気が差したようです。AKBの作詞だけでも相当な印税収入になりますが、秋元氏は一部メディアで『年収50億円以上』ともささやかれたほどの富豪ですから、それほどカネに執着がない。世間的なイメージや自身のプライドの問題でAKBから離れたがっているようです」(芸能関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング