モーニング娘。、℃-uteの妹分ユニットJuice=Juiceメンバー脱退騒動 その生々しすぎる脱退理由とは

メンズサイゾー / 2013年7月21日 11時0分

写真

 モーニング娘。が、約10年ぶりにシングル初週売り上げ10万枚やオリコン連続1位獲得を達成したり、℃-ute・Berryz工房が初めてとなる武道館公演を発表したりと、最近往時の活気を取り戻しつつあるハロープロジェクト。そんな勢いをそぐような衝撃的なニュースが事務所から発表されたのは、今月上旬の事。今年結成されたばかりの新グループJuice=Juiceから、メンバー大塚愛菜の脱退が伝えられたのだ。

 Juice=Juiceは4月にデビューシングルがインディーズで発売されたばかりの新人であり、まだ世間一般に知名度が浸透しているとは言えない。しかしハロープロジェクトではスマイレージ結成約4年ぶりの新ユニット、またメンバーの大半が、これまでもコンサートなどでバックダンサーなどを務め、馴染みのあるハロプロ研修生を中心だったこともあり、ハロヲタと呼ばれる熱心なファンたちの思い入れは大きい。

 メンバーは、コケティッシュな魅力と抜群の歌唱力で以前から一部ファンの間では次世代ハロプロを牽引する逸材と言われ続けていた宮本佳林、映画出演歴もありソウルフルな歌声が絶品な高木紗友希、中学生とは思えぬ大人びた表情の美少女・植村あかり、カラオケコンテスト経由で事務所入りしたクールビューティ金澤朋子、メンバー最年長ながらおっとりした癒し系・宮崎由加、そこに今回脱退が決った大塚愛菜の6名。

 大塚は現在のモーニング娘。のエース鞘師里保をはじめとする9期オーディションで最終候補生に選ばれるも惜しくも落選。その後研修生としデビューの機会を伺っていた。下膨れで愛嬌のあるタヌキ系の顔立ちだが芯は強いタイプ。時には着ているウエアが脱げそうになるほどエネルギッシュなダンス、そしてややメタリックで耳に残る歌声を持ち、デビューシングルでは最初の歌い出しパートを担当し、プロデューサーつんく♂からの評価も高かった。また研修期間の長い宮本・高木と、事務所入りして間もない他の3人を繋ぐブリッジ的な存在でもあった。

 インディーズで3枚のシングルを発売、6月中旬に池袋のオープンスペースで開かれたイベントにも多くのファンが駆けつけ、サプライズでメジャーデビューの決定が報告されると、場内は割れんばかりの拍手が鳴り響き、歓喜の涙をこぼすメンバーの姿も観られた。いよいよこれからと、ファン、そして恐らくメンバーも、さらなる飛躍に向け胸を高鳴らせていた時に、突如の脱退報告は、冷や水を浴びせるものだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング