まゆゆを蹴り飛ばした加藤浩次、番組後に落ち込んでいたホントの理由

メンズサイゾー / 2013年8月13日 16時15分

写真

 極楽とんぼ・加藤浩次(44)がAKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友(19)の頭を蹴り飛ばしたことが大きな波紋を呼んだ『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』(フジテレビ系)。まゆゆファンが殺害予告を書き込むまでの事態に発展したが、この影響で加藤の“ある計画”が吹っ飛んでしまったと一部メディアで伝えられている。

 同番組では、3日夜に放送されたコーナー「爆裂お父さん」で加藤がAKBメンバーたちにジャイアントスイングをかけたうえ、渡辺の頭部を蹴り飛ばしたり、川栄李奈(18)の顔面を踏みつけるなど大暴走した。これがAKBファンの反感を買い、ネットなどで大批判にさらされることになった。一部では「加藤は本気で落ち込んでいる」(業界関係者)と反省している様子が伝えられていたが、落ち込んでいた理由はネットの炎上ではなかったようだ。

「加藤は番組中、引退状態にある元相方の山本圭一さん(45)の復帰を求める発言をしました。これまでもラジオ番組などでたびたび山本さんについて言及していた加藤ですが、『27時間テレビ』という生の大舞台でハッキリと復帰を訴えたのは大きな“賭け”だった。ところが、自身の暴走で世間や業界の目は殺害予告騒動に向いてしまい、山本さんの復帰の件は完全に薄れてしまった。事務所の意に反して何度も同じ発言をするわけにもいかず、これでしばらくは山本さんの復帰ムードを盛り上げることはできない。自分の暴走が原因で山本さんの復帰が遠のいてしまい、そのことで加藤は落ち込んでいるんです」(芸能関係者)

 番組中、過去の恋愛スキャンダルが原因でAKB48からHKT48に“左遷”された指原莉乃(20)が「(移籍してからの)1年…長く感じましたね」と発言し、それをきっかけに加藤は「1年!? あいつは7年がんばってるんだよ!」と山本さんの話題に転換した。

 山本さんは06年、当時17歳の少女に対する強姦容疑などで逮捕。吉本興業から解雇され、芸能界を引退している。その後は肉巻きおにぎりの製造会社で働いていると伝えられていたが、加藤は「肉巻きおにぎりの会社、つぶれちゃったの。今、あいつは広島で鉄板焼きやってます」と近況を報告。さらに「あいつには『また一緒にやりたい』って気持ちはあるんです!」と山本さんの胸中を代弁し、ハゲヅラをかぶりながらも真剣な目で「これからあいつは1年間、寺に入ろうとしています。全国の皆さん、 あいつを許してつかーさい!」と芸能界復帰を訴えた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング