ナイナイ、ロンブー淳も糾弾! みのもんたのセクハラ騒動に高まる非難の声

メンズサイゾー / 2013年9月7日 11時0分

写真

 局や本人がキッパリ否定したことで一応の収束となったかに思えた人気司会者・みのもんた(69)のセクハラ騒動。だが、ネットを中心にいまだ追及は止む気配がなく、驚くことに芸能界からもセクハラを糾弾する声が続々と上がり始めている。

 先月30日、朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)の終了間際、みのがCM明けに被災地関係のニュースを読もうとした吉田明世アナウンサー(25)の腰からお尻のあたりを触り、その手を吉田アナが振り払うかのようなシーンが放送された。ネットでは「今、みのがセクハラしたよね」「女子アナのケツ触ってたな」「何やってんだジジイ」などと騒ぎになり、問題のシーンが動画サイトに転載されるなど祭り状態になった。

 ネットの騒動を受けて、9月2日付の読売新聞が「みのもんたさん、セクハラ?女性アナ手振り払う」との記事を掲載。他の一般紙やスポーツ紙なども続々と追随し、当初はだんまりを決め込んでいたTBSは騒動の収拾を図るために「当事者の間でセクハラ行為があった認識はない。CM中の談笑の様子が放送に出てしまい、視聴者に誤解を与えてしまった」」とコメント。みの本人も、吉田アナが言い間違いをしたことを突っ込むために軽く押しただけと釈明しており、「僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんてとんでもない」とコメントしている。だがセクハラではなかったと説明しながらも、TBSは「紛らわしい行為があった」として番組担当者に注意するという謎の行動をとっている。

 業界では、以前からみののセクハラ癖はウワサされていた。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)はセクハラ行為は常態化していたと報じ、「CM中に女子アナの腰を触るなんていうのはしょっちゅう。後ろから抱きついたり、ブラのホックをいじったり」「セクハラはいけないという感覚がみのさん本人にない」などといった業界関係者の証言を掲載。また、著名ライターが自身のTwitterで「巨乳ADの胸を廊下ですれ違いざまに『おはよう!』と言いながら揉んでいた」というシーンを何度も目撃したと明かしており、みののセクハラはスタッフの間で当たり前の光景になっていると指摘されている。

 追及はこれだけでなく、同業者であるタレントたちからも糾弾の声が上がった。ロンドンブーツ1号2号の田村淳(39)は、3日に自身のTwitterで「女性のお尻を勝手に触る様なおじいちゃんにだけは絶対になりたくない」と発言。名指しまではしていないものの、みののセクハラ騒動を指していることは時期的に考えて間違いないだろう。また、今田耕司(47)と東野幸治(46)もラジオ番組で「(原稿を読む)きっかけを出したんちゃうか」などと擁護するフリをしながら、セクハラ騒動をイジリ倒していた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング