みのもんた追い詰められた…『朝ズバッ!』出演自粛で引退の可能性高まる

メンズサイゾー / 2013年9月13日 13時5分

写真

 人気司会者・みのもんた(69)に引退危機が迫っている。みのは日本テレビ社員の御法川(みのりかわ)雄斗容疑者(31)が窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受けて13日、所属事務所を通じてマスコミ各社にファクスで報道番組出演を自粛すると発表した。

 みのはファクスで「私の次男の逮捕に関し世間を大変お騒がせした事について、大変申し訳なく思っております」」などと謝罪し、番組出演について「報道に携わる人間として、その公正を守る意味でも報道番組への出演を自粛させていただくことにいたしました」と報告。司会を務めている『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)の公式サイトでも「みのもんた氏から『みのもんたの朝ズバッ!』の出演を自粛したい旨の申し入れがあり、これを了解致しました」と説明されており、当面の出演見合わせが決定した。セクハラ騒動に次男逮捕と相次ぐ不祥事に追い詰められた格好だが、業界内では「このまま引退するのでは」との憶測が飛び交っている。

 9日から今年2度目の夏休みに入って「朝ズバッ!」を休んでいたみの。TBS側は「予定通りの休み」としているが、関係者によると急に決まったといい、ネット上では「次男の逮捕を予期していたのでは」との噂されていた。8月に事件が起きたにもかかわらず、逮捕まで1カ月もかかったのも、みのの休暇に合わせて警察が逮捕のタイミングを融通したのではないかといわれているようだ。みのは16日から復帰する予定だったが、世間の目の厳しさを痛感したのか、番組出演自粛を決定したようだ。

 本来ならば、もう立派な大人である次男の逮捕の責任をとる必要はないのかもしれないが、時期が時期である。自身のセクハラ疑惑も収まらないうちに身内の不祥事が発覚したのはイメージ的に痛すぎたといえる。TBS局内では出演自粛にとどまらず、このままみのを降板させるべきとの意見が上がり始めているようだ。

「これまでは『数字を持っている』ということで、セクハラや経営する水道会社の談合事件などの不祥事があってもTBSは不問にしてきました。しかし、現在の朝の情報番組の中ではNHKの『あさイチ』がトップで、フジテレビの『めざましテレビ』、日本テレビの『ZIP!』の順で強く、みのの『朝ズバッ!』は下位争いをしている程度。にもかかわらず、TBSはみのに年間で4億円近いギャラを払っている。司会を若くて新鮮な人材に代えて、ギャラを抑えてリニューアルすべきという意見は以前から局内で出ていたんです。日テレでは、みのが20年以上も続けていた『午後は○○おもいッきりテレビ』の枠を切って、ギャラ削減に成功しました。TBSにしてみれば『日テレがやったならウチでも…』と考えるのは当然。そんな中で今回の不祥事連発があり、局内では『このままみのさんを年内で切ろう!』『今しかない』という声が高まっています」(テレビ局関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング