「舐めるのが好き」!? 性癖を暴露されたMEGUMI

メンズサイゾー / 2013年10月28日 21時0分

写真

 23日深夜に放送された『アノ人たちの作り方~なぜこうなった!? ファクトリー~』(フジテレビ系)の中で、元グラビアアイドルで現在はタレントや女優として活躍しているMEGUMI(32)の性癖が暴露された。

 「世間を騒がせている“アノ人たち”。一体なぜこういう人間が出来上がったのか!?」というコンセプトの元、話題の人物にスポットを当てた同番組。この日の放送は、今もっとも売れている占い師としてブレイク中のゲッターズ飯田(38)の謎に迫る内容。元々、芸人として活動していた飯田が、いかに今のような売れっ子占い師になったのかを紹介した。

 これまでに述べ4万人以上の相手に占いを行ってきたというゲッターズ飯田。今では、霞ヶ関の官僚たちから政策案の決定に意見を求められるなど、その名は芸能界だけでなく広く知れ渡っているという。そんな飯田が占いを始めるきっかけとなったのは、天才占い師・千川との出会い。21歳当時、芸人として活動していた飯田が、ネタ作りのための参考にと千川を訪れた際、あらゆることを言い当てられ、それ以降、占いに興味を持ったという。

 その後、飯田は本などで占いの勉強を始め、今では13種類の占いと心理学などを駆使して独自の占い理論を確立。人間を1000パターンに分類し、そこからその人物の性格や行動に加え、過去や未来の出来事を予想するという。また、自分自身も占いによって導かれた通りに行動しているらしく、「自分で食べたいものを食べることはない」と断言する。その日、肉を食べたくても、占いで“魚”と出れば魚を食すというのだ。あらゆる買い物は、すべて占いで出た結果通りに買うという生活をしているらしい。

 そんな飯田は番組の中で、「5000人を超えたら外れない」「1万人を超えれば外れるはずがない」と豪語する。自信にみなぎられた表情は、あの赤いマスクの上からも十分に伝わってくるものがあった。そんな飯田の言葉に、スタジオゲストとして出演していた坂上忍も興味津々の様子。普段の毒舌キャラとは打って変わって子供のような笑顔を見せながら、自分の恋愛について聞いていた。そして飯田の鑑定によると、坂上は「情に弱い性格」で、そんなタイプの男性は「相談相手などを好きになる」という。これに対して坂上は「うんうん」とうなずき、「情に弱いんだよね」とポツリ。日ごろの気の強いイメージとは違って、恋愛では情に弱いことを認めていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング