ダウンタウン新番組も不発…凋落のフジテレビ、それでも社員は余裕のワケ

メンズサイゾー / 2013年11月10日 13時0分

写真

 フジテレビの凋落が止まらない。かねてからの低視聴率に加えてバラエティー番組での暴力行為やヤラセが問題化し、スポンサー離れが深刻化。逆転を狙った人気タレント起用の新番組もハズレ続きで窮地に追い込まれている。だが、フジ社員たちは相変わらず高給で涼しい顔をしているというから不思議だ。その裏にはどんなカラクリがあるのだろうか。

 このところのフジは不祥事続きだ。8月に放送された『FNS27時間テレビ』では、加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴り付けたことが問題視され、BPO(放送倫理・番組向上機構)が異例の注意勧告を出すまでに至った。また、同局の数少ない高視聴率バラエティー『ほこ×たて』は出演者の告発によってヤラセが発覚し、突然の打ち切りが決定。その後の内部調査によって更に6件のヤラセが判明し、動物虐待疑惑まで飛び出した。BPOはすでに『ほこ×たて』を審議入りの対象に指定しており、07年に発覚した同じフジ系列の『発掘!あるある大事典2』(関西テレビ制作)のヤラセ事件以来の大問題になることは確定的だ。

 また、お昼の長寿番組として続いてきた『笑っていいとも!』の来年3月での終了が発表された際には、功労者である司会のタモリと番組側の確執が表面化。しかも、スポンサーや共演者らにほとんど知らせなかったことで更なる不信感を生みだした。

 落ち目のフジは新番組も期待できない。ダウンタウン司会の新番組『教訓のススメ』が3日にスタートしたが、結果は平均視聴率7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ウラ番組にプロ野球・日本シリーズがあったとはいえ、初回としては大惨敗といえる数字だ。

「同番組は初回2時間スペシャルとして放送されましたが、本来は夜7時台に『ほこ×たて』を放送し、レギュラー枠と同じ夜8時からの予定だった。しかし『ほこ×たて』の打ち切りによって予定が狂い、急遽予定を変更して2時間スペシャルに仕立て上げたという経緯があります。そんな急作りの企画では、視聴者に受け入れてもらえるわけがありません」(芸能関係者)

 この日曜日夜8時枠は、9月まで同じくダウンタウン司会の『爆笑 大日本アカン警察』を放送していた時間帯。同番組は低視聴率で打ち切られ、ダウンタウン続投で新番組となったのだが、いきなり数字がかんばしくないとなればダウンタウンが枠を失うことにもなりかねない。早急に改善策を講じなければいけないところであるが、同番組のチーフプロデューサー(CP)は『ほこ×たて』のCPも兼任しており、目立った動きができなくなっていると東京スポーツで報じられている。BPOの御沙汰を待つ身であるだけに、視聴率アップのために過激な演出を仕掛けるわけにはいかず、打つ手なしの状況のようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング