“彼氏ネタ”タレント・鈴木奈々、結婚先延ばしは戦略? それとも…

メンズサイゾー / 2013年12月16日 10時0分

写真

 ひと昔前まで、メディアでは“おバカタレント”が量産されていた。その代表格であった里田まい(29)は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(25)との結婚を機に良妻キャラへと変貌し、里田とともに『Pabo』というユニットを組んでいたスザンヌ(27)や木下優樹菜(26)も結婚を経て徐々に落ち着きを見せている。

 そんな中、“おバカタレント”として根強く生き残っているのがモデルでタレントの鈴木奈々(25)だ。12日に東京スカイツリータウンで行われた『あべのハルカス・東京スカイツリー』コラボイベントに出席した鈴木は、報道陣に対し「お互いに忙しくてスケジュールが合わない。本当にヤバイ。婚姻届もまだもらってきていないので、クリスマスに入籍したいけど本当にできるのかな…」と現在婚約中で年内に入籍予定だという彼について語った。また、「今年を漢字で表すと『婚』。愛してるや大好きが止まらない年でした。入籍して来年は子づくりしたい」と子づくり宣言まで飛び出した。この『婚』の字すら満足に書くことができなかった鈴木。子づくりの前に覚えることがあるのでは…と言いたくなってしまう。

 鈴木は、デビュー当初から彼氏の存在を公にしており「ラブラブです」と本人が言うように2人の仲睦まじいプリクラなどがネット上にも多く出回っている。かねてから彼との結婚を望んでいた鈴木だが、交際4年目となる今年、鈴木の誕生日である7月9日にプロポーズされ、2人の地元である茨城での同棲生活をスタートさせるなど、メディアに出る度に“彼氏ネタ”を披露している印象がある。

 このことに対して、ネットでは「鈴木奈々の恋愛とかどうでもいい」「ネタにされまくってる彼氏、嫌じゃないのかな?」「ほかにネタがないから彼の話しかできないんだろうな」「彼氏彼氏うるさい」という否定的な声が聞かれている。また、鈴木の“おバカキャラ”については、「同じことを繰り返して言うばかりで何を言っているのかわからない」「しゃべり方がアホっぽい」や「無邪気で頑張り屋さんなところが好き」「見ているこちらまで明るくなる」と賛否両論を呼んでいる模様だ。

 そんな鈴木には、おバカにまつわるこんなエピソードがある。「小学校レベルの計算ができない、九九すらも怪しい」「高校時代、10教科中9科目で1を取り退学になった」 「彼氏の名前を未だに漢字で書けない」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング