二股疑惑の陣内智則、なぜかネット上では称賛の声

メンズサイゾー / 2014年1月24日 16時35分

写真

 2007年に女優の藤原紀香(42)と結婚した、お笑い芸能人の陣内智則(39)。当時は陣内より藤原の方が知名度などが勝っていたため「格差婚」「逆玉の輿」ともいわれ、藤原をものにした陣内の株も上がった。しかし、その後陣内は浮気グセが発覚し、2年後に離婚を発表。「心が弱く、誘惑に負けてしまった」と会見で語った。

 そんな陣内の二股疑惑を、現在発売中の「フライデー」(講談社)が伝えている。話は、昨年12月のクリスマスイブのこと。夜10時すぎに陣内の自宅マンションに、“ミオパン”ことフジテレビの松村未央アナ(27)が訪れた。松村は、その直前に『全日本フィギュアスケート選手権』のリポートを終えたばかりで、そのまま陣内のもとに駆けつけたようだ。その後、一度マンションを出た2人は1時間半後に戻ってきて、そのまま夜を過ごしたという。

 2人は1年以上前からデートする姿が目撃されていたようだが、陣内は1月中旬に別の美女と一緒にいるところを撮られている。モデルの小林真由(23)と自宅に入った後、近くにダイニングバーへ行く陣内。カウンターでリラックスした様子を見せ、帰りには手をつないで再び自宅に入っていった。

 2009年には冠番組『ミオパン』を担当するなど、人気女子アナの1人である松村と、雑誌「Ray」(主婦の友社)の読者モデルで情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にも出演する小林という、美女2人を次々とお泊りさせた陣内。同誌の直撃に「小林とは、DVDを見ていただけ」と苦しい言い訳をしている。

 これを受けて、ネット上では「懲りないな、この人も」「また好感度下がるな」など、陣内の浮気グセを指摘する声がある一方、「相変わらずモテるな」「すげぇ、これぞ芸人って感じ」など、称賛するような意見もある。

「離婚直後は仕事が激減した陣内ですが、最近は適度にツッコミながら大御所の隣でサポートするアシスタントMCという立ち位置で評価を上げています。最近は陣内自身も離婚をネタにするなど、吹っ切れた様子を見せています。完全復活がささやかれ始めた矢先にこの報道ですから、『モテるのも当然』という空気ができているようです」(芸能ライター)

 離婚当時は「浮気男」として叩かれた陣内だが、芸人としての実力で這い上がり、そのモテっぷりも復活しているようだ。また、元妻の藤原紀香(42)が最近、「老けた」「おばさんを通り越しておばあちゃんみたい」などと劣化が叫ばれていることも、陣内の“復権”に一役買っているようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング